Living Area

Photo credit: Juliet Murphy
www.julietmurphyphotography.com

ロンドンのコンテンポラリースタイルのおしゃれなリビング (白い壁、淡色無垢フローリング) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

jk21
Junko Kawakamiさんがアイテムをインテリアの工夫でできる、地震や災害に強い家づくりに追加しました 2017年8月16日

光をとりいれる設計夜に災害がおきたとき、あかりがないと動きづらく、二次的な事故につながる危険があります。そこで、被災時に光が確保できる設計が重要です。特にマンションの場合、窓際だけでなく家全体にどれだけ自然光を上手にとりこめるか、が鍵となります。例えば、マンションの共用廊下が内廊下になっているなど閉鎖的な場合。蓄電式照明など、災害時に使える照明を設置しておくこともひとつ。さらに、これからの時代は、新築マンションの設計段階において、平面計画における各戸と共用部の配置によって、防災の観点から工夫できることがあります。また、既存のマンションでも、防災を考えて、廊下側に窓を新設するといった対策も可能です。

cathyrebecca1
Cathy RebeccaさんがアイテムをHouzzツアー: 元校舎のアパートメントをリノベーションしてインダストリアルな住まいにに追加しました 2015年11月5日

ひろびろとしたLDKはおもてなしの空間やオフィスも兼ねている。常に掛け替えているアートコレクションが映えるようにと、クライアントはすっきりした壁を希望。高い位置にあるプロジェクターから反対側の壁に映像を映し出すようになっており、ゆっくり映画を見て過ごす夜には最高だ。「1990年代に校舎からアパートメントに改装されて、それ以来ほとんど手が加えられていなかったんです。床全体がラミネートフローリングで、ガラスブロックで部屋が仕切られていて、理想的な空間の使い方とはほど遠いものでした」」とレイキンさん。そこでレイアウトを根本的に大改造。比較的小さいアパートメントのため、室内窓を設けることで部屋から部屋に光を通し、全体が広々と感じられるようにした。

Houzz 寄稿者のコメント:

ms3105
ms3105さんがアイテムを防災をに追加しました 2018年9月10日

光をとりいれる設計 夜に災害がおきたとき、あかりがないと動きづらく、二次的な事故につながる危険があります。そこで、被災時に光が確保できる設計が重要です。 特にマンションの場合、窓際だけでなく家全体にどれだけ自然光を上手にとりこめるか、が鍵となります。例えば、マンションの共用廊下が内廊下になっているなど閉鎖的な場合。蓄電式照明など、災害時に使える照明を設置しておくこともひとつ。 さらに、これからの時代は、新築マンションの設計段階において、平面計画における各戸と共用部の配置によって、防災の観点から工夫できることがあります。また、既存のマンションでも、防災を考えて、廊下側に窓を新設するといった対策も可能です。

この写真を気に入った人はこんな写真も気に入っています
Living Space
Dining Area
Master Bedroom
Master Bedroom
Shower Ensuite
Guest bedroom
Cloakroom
Living Space
類似した色の写真
Point Piper - Art Deco Inspired
Traditional Living Room
Linton Street
Stone Waterfront in Greenwich, CT
Вилла в Краснодаре
Coastal Connecticut custom compound
Styling Erik Dahlbergsgatan
The Sylvan Project