岡崎の家

京都の和風のおしゃれな住まいの写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

mikianzai
安西美樹|Miki Anzaiさんがアイテムを8つの茶室から学ぶ。「茶の湯空間」づくりのヒントに追加しました 2020年12月16日

いかがでしたか?茶室づくりはハードルが高いと思っておられた方も、亭主(オーナー)の「創意工夫」次第で、どのようにでも設計可能なことがお分かりいただけたと思います。「茶の湯」は「もてなしの文化」です。どのような空間であれば、客を心地よくもてなせるか、そして、自らも茶を愉しむことができるかを念頭に置けば、自然にご自身が実現なさりたい茶室の形が見えてくるのではないでしょうか。わび茶を完成した千利休の道歌に、「規矩(きく)作法 守り尽くして破るとも 離るるとても本を忘るな」(規則を破っても規則から離れても本質を忘れてはならない)という教えがあります。伝統を理解した上で、現代の暮らしに根ざした、魅力あふれる茶室づくりをなさってみてください。Houzzで住まいの専門家を探す茶室の記事をもっと読む自宅の庭に建てた本格茶室。和の伝統と現代性を融合し、多目的に使える贅沢空間実家の山の椿を床柱に。茶室のある暮らしが日常になじむ家Houzzツアー:左官壁や床に歴史が漂う、京都の町家再生プロジェクト水屋付きの本格和室をマンション・リノベーションで実現日本的感性を象徴する「茶室」の伝統と革新性

岡崎の家の写真