さらりざらり

東京23区の小さいモダンスタイルのおしゃれなマスターバスルーム (アルコーブ型浴槽、シャワー付き浴槽 、白いタイル、ボーダータイル、白い壁、セラミックタイルの床) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

akiko_kurihara
Akiko Kuriharaさんがアイテムを今年の片付け&大掃除プランは、マイペースとテンションがポイントに追加しました 2016年11月10日

2. 場所を決める では、どういう順番で片付け&掃除する場所を決めたらいいでしょうか。 日ごろ気になっている場所目に入るたびに気になる場所はありませんか。例えばいつも散らかりがちな場所、汚れが目に入る場所は最優先しましょう。もしかしたら、前回の大掃除でやり残した場所が、気になっているなどということもあるのではないでしょうか。

takakokawaguchi
takako kawaguchiさんがアイテムを子供と過ごす夏休み:夏は “家と暮らし” を一緒に楽しむチャンスです!に追加しました 2016年7月13日

9:00 お掃除、お片付けなど、作業開始!朝ごはんの片付けをして身支度を整えたら、散歩の際に相談して決めた作業にとりかかります。掃除をするなら、ルーティンワークの掃除機やモップがけを一緒にやってもいいですが、おすすめは「夏の大掃除」です。年末に網戸や家の外まわりを掃除するのは寒くて大変ですが、夏なら水を使う仕事が苦にならず、ビーチサンダルを履いてバシャバシャと気楽にできるのが最大のメリット。我が家では例年、夏に家の外まわりや玄関、バスルームなど「冬に大掃除するには寒すぎるエリア」を大掃除しています。子供と一緒に掃除をするときに大切なのが、完璧にきれいにならなくても全然OK! とおおらかに構えること。バスルームの右側の壁をがんばってゴシゴシしたら力尽き、左側の汚れはそのまま、となってしまってもいいのです。やる気が出たら翌日は左側をやろうと思うかもしれません。泡だらけになりながら遊び感覚で楽しく掃除をすることで、今まで気にもしなかったバスルームの天井や壁の “存在” に気づくだけでも、しめたもの。年が上がるにつれて我が家の娘たちも「ワイパーで壁の水滴とっておいたよ」「排水溝にシュッしておいたよ」(「シュッ」というのは、天然バイオの洗浄液をひと吹きすることです)と、汚れの予防にも積極的に参加するようになりました。余談ですが、先日とある温泉宿へ行ったとき、9歳の娘がタイル張りの床と岩造りの湯舟を見て「お掃除の人、何を使ってこするんだろう。大きなブラシかな、スポンジではこのヌルヌルはとれないね」と真顔でつぶやいていて、「そこ、気になるんだ!?」とおかしくなりました。

この写真を気に入った人はこんな写真も気に入っています
MIYAHARA-U
桑津の家
高床の家
KOKAGE
Lakeside-house
NDA _ Planter
BOXBOX
緑山の家
類似した色の写真
Une villa immaculée
Modern Bathroom
Courtyard Residence Bath
Masterbad
Classic & Serene PVB
Polo
Traumbad in Naturtönen
Master Closet and Bath