Casa vintage

東京23区のアジアンスタイルのおしゃれなリビング (白い壁、無垢フローリング) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

kaorikoshimizu
Kaori Koshimizuさんがアイテムを2016年 ハウズ日本版ユーザーが選んだ人気写真ベスト10:リビングルーム編に追加しました 2016年12月21日

4位 インテリアスタイリストの川合将人さんによる《Casa vintage》。Casa BRUTUSにも掲載されたビンテージスタイルのリビング。ミッドセンチュリーの家具と、エキゾチックな家具や小物といった一見合わなそうなものを組み合わせたスタイリングが4位にランクインしました。

mai_yamamoto
山本麻以さんがアイテムをラフな素材感とハードなテイストを楽しむ、ハンサムなくつろぎ空間に追加しました 2015年8月10日

ヴィンテージ家具とプリミティブテイストラフな素材感のある壁と床は、高度なミックス技を利かせた家具スタイリングも引き立てます。ここにあるのはハンス・J・ウェグナー、マルセル・ブロイヤーといったデザイナーのヴィンテージ家具と、プリミティブなアフリカのアートや家具、テキスタイル。「家具類にはグリーンやブラウンの色味を用い、アクセントとしてフランスのアーティスト、ナタリー・ドゥ・パスクエが80年代にデザインしたポストモダンな装いのフルーツボウルやクッションカバーを使用して遊び心を加えています」と、インテリアスタイリストのKAWAI MASATOさん。「デザイナーズとアノニマスとのミックス、またインダストリアル、ヴィンテージとカテゴリーにとらわれることなく、素材や色のチョイスで統一感を持たせることが大切です。難しそうに見える柄×柄というテキスタイルの使い方でも、幾何学的なパターンを用いたアフリカンテキスタイル同士でトライしてみるとうまく合わせられます」とのアドバイスです。

kanae_takimoto
滝本 香苗さんがアイテムを新築も、リフォームも。知っておきたいインテリアの構成要素 :床材いろいろに追加しました 2015年7月3日

左の事例は古材のフローリング材です。時間を経たことにより木材の水分や揮発成分が抜け、かさかさとしたマットな印象。表面の自然なダメージが魅力的です。一般的なフローリング材は「実(さね)」といって、フローリング同士を組み合わせる凹凸が加工してありますが、古材ではその加工がされていないことも多くあります。割れやささくれが肌を傷つける可能性もあるので、室内履きを使うことをおすすめします。

Houzz 寄稿者のコメント:

anna_gangemi
Anna GangemiさんがアイテムをIDEE GESSOに追加しました 2020年5月1日

bella sedia verosimilmente africana

Casa BRUTUSの写真

類似した色の写真
Starr Homes for 2018 Artisan Home Tour in Kansas City
Rehabilitación de loft en el Cabanyal
Living Room
Stephens Grove
Organic Modern Mountain Home
Duckhorn Residence
Serene Hills Las Colinas - Eppright Homes
2015 Austin Parade Home in Serene Hills