S邸

—  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

jk21
Junko Kawakamiさんがアイテムを桜を愛でる、美しい日本の家に追加しました 2017年3月24日

《S邸》設計:ナカノ建築設計事務所

uebihara
Yu EbiharaさんがアイテムをみんなのHouzz:お花見の季節。桜の写真を募集します!に追加しました 2016年3月23日

一般的な桜の品種であるソメイヨシノより、1、2週間ほど開花が遅い品種が多い八重桜。花びらが多く、形はふんわり丸くて、ソメイヨシノよりも花が大きいのでお部屋に飾ると少ない本数でもちょっぴり豪華に見せてくれます。開花と同時に葉も茂らせることが多く、新緑と桜を同時に愛でることができるのも魅力です。こちらもあわせてHouzzツアー:八重桜をめでる家

atsuko_tamura
田村敦子|Atsuko Tamuraさんがアイテムを満開の桜を楽しめる幸せな家19選に追加しました 2016年3月7日

特集記事「Houzzツアー:八重桜をめでる家」でご紹介したこちらの家は、歴史ある八重桜を残して建替えを行った事例。八重桜の美しさを第一に考えた庭の配置、窓の開け方などに注目です。

mikianzai
安西美樹|Miki AnzaiさんがアイテムをHouzzツアー:八重桜をめでる家に追加しました 2016年2月19日

八重桜を活かすために、中野氏が「既成概念にとらわれずに設計した」のが、北側に庭を配した建物である。つまり、S邸のリビング(写真左)は北向きなのだ。一般的に北側は暗いイメージがあるが、大きな窓を設置することで十分な明るさを確保している。それだけでなく、北側の窓は直射日光の影響が少ないため、大きな窓を設置しても日射量が少なく、冷暖房効率がよいのだ。室内で植物も育てやすいという利点もある。ちなみに写真は、建物の竣工直後に撮影したものだが、現在では、オリーブ、ミモザ、シャラ、ハナミズキ、ジューンベリーなど、さまざまな花々や樹木が植えられており、ガーデニングが趣味のS夫人が大切に育てている。平日は仕事で忙しいS夫人だが、休日は「庭に出て、隣家のお嬢さんの弾くクラシックピアノをBGMに、草花に水やりするのが何よりの楽しみ」と語る。手入れの行き届いた庭には、「ツグミ、ヒヨドリ、メジロなどもやって来て、何とも華やいだ気分になる」そうだ。

Houzz 寄稿者のコメント:

opadi
opadiさんがアイテムをopadi's Ideasに追加しました 2016年12月1日

Wood vrs white wall and glass 4

S邸の写真

この写真を気に入った人はこんな写真も気に入っています
S邸
S邸
S邸
S邸
S邸
S邸
S邸
S邸