tama syu 森ぬけ海ぬけ都へ

東京23区の中サイズのコンテンポラリースタイルのおしゃれな子供部屋 (青い壁、カーペット敷き) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

asako_murakami44
Asako Murakamiさんがアイテムをインテリアの構成要素を知って、暮らしやすい住まいづくりに追加しました 2019年2月19日

床をどうするか②カーペットカーペットはハウスダストやダニの発生を心配する声も多く聞きますが、滝本さんは「足あたりが柔らかく、音を吸収する効果もあるカーペット。滑りにくい素材なので、室内でペットを飼っている方にもオススメしています」とのこと。意外なことに、カーペットにはハウスダストを吸着して空気中に舞い上げないという効果も。掃除機をこまめにかけて除湿や換気に気をつければ、清潔に使うことができるそうです。他の床材もについても「床材いろいろ」を参考にしてみてください。

________akitsu
カツウラ アキツさんがアイテムを色の使い方の基本:インテリアの基調となる「ベースカラー」をもっと知ろうに追加しました 2017年1月20日

ベースカラーを変えることの効用床、壁、天井は、冒頭に触れた通り、一度住んでしまうとなかなか手を加えない場所かもしれません。何年も何十年も同じベースカラーの中で過ごすのは安心できる反面、飽きてきてなんとなく気分が停滞してしまう恐れもあります。住まいに新鮮な空気を取り込むように、ベースカラーもライフスタイルや気分の変化に合わせて少しずつ変えていくほうが、ずっと楽しい生活を送れそうです。今は壁面でも簡単で安価にDIYで変えられる時代です。ベースカラーをリアルタイムの自分になじむ色に変えていくことは、いつでも心からリラックスできるベースの場所を持っているのと同じです。ぜひ、住まいの色の歴史を重ねていくことを楽しんでみてください。インテリアの色の配分のお話、次回は「アソートカラー」について取り上げます。お楽しみに!こちらもあわせて色の使い方の基本:隣り合う色で印象が変わる色の対比効果色の使い方の基本:「トーン」って何だろう?色のインテリア効果:エネルギーが湧き上がる生命の色「赤」色のインテリア効果:コミュニケーションと団らんに最適な「オレンジ色」色に関する質問募集中!住まいの色の使い方について知りたいことがあれば、コメント欄で教えてください!

kaorikoshimizu
Kaori Koshimizuさんがアイテムを2016年 ハウズ日本版ユーザーが選んだ人気写真ベスト10:子ども部屋編に追加しました 2016年12月20日

3位〈ブルースタジオ〉が手がけた東京都内のリノベーション物件。現在はお子さんがまだ小さいため、小上がりの食事スペースとして利用していますが、ゆくゆくは子ども部屋に。家族の成長にあわせて家を変えていく楽しみが待っています。この家の記事はこちらHouzzツアー:リノベーションで実現した、気持ちが自然と切り替わる”仕事場”と"住まい”

uebihara
Yu EbiharaさんがアイテムをIKEAをもっと楽しむインテリアのアイデア集に追加しました 2016年9月28日

ゆくゆくは子ども部屋として使う予定の小上がりのスペース。部屋の使用用途を変えるときにもIKEAのシンプルなシェルフユニットなら長く使えます。

kanae_takimoto
滝本 香苗さんがアイテムを新築も、リフォームも。知っておきたいインテリアの構成要素 :床材いろいろに追加しました 2015年7月3日

カーペット足あたりが柔らかく、音を吸収する効果もあるカーペット。フローリングや石材などに比べて滑りにくい素材なので、室内でペットを飼っている方にもおすすめです。ハウスダストやダニの発生を心配する声も多く聞きますが、カーペットにはハウスダストを吸着して空気中に舞い上げないという効果が。実際、フローリングの部屋とカーペットの部屋とでは、カーペットの方が舞っているほこりの数が少ないそうです。掃除機をこまめにかけて除湿や換気に気をつければ、清潔に使うことができますよ。

nayosuzuki
Nayo SuzukiさんがアイテムをHouzzツアー:リノベーションで実現した、気持ちが自然と切り替わる”仕事場”と"住まい”に追加しました 2015年4月7日

「仕事場から、ブルーのカーペットが敷かれた居住スペースに戻ると気分も変わり、リラックスできます」とNさん。そもそもフローリングにできないことから採用したカーペットは、色を思い切ってブルーにすることで、ドラマティックかつ落ち着ける空間となり、N邸のリビングを印象づける個性にもなっています。ワントーン濃いブルーのカーペットを敷いた小上がりのスペースは、今は子どもの遊び場として、また来客時にはみんなでにぎやかに食事をする場として活用。床レベルをあえて変え、ゾーニングしたことで、子どもにも「おもちゃはここで広げ、リビングには持ち込まない」という意識が芽生えているそうです。将来は間仕切りを設け、子ども部屋として使う予定です。「子ども部屋が必要になる何年も先のことを考えて空間を分けてしまうよりも、それまでの間はリビングの一部としてのびのびと使いたいと思いました」。家族の成長に伴い、家を変えていくことも楽しみにしているとか。正面の棚の下には机を設置し、掘りごたつのように床に座って勉強ができるようになっています。グレーの壁はマグネット塗装。どんなHouzz?居住者:夫婦、子ども2人所在地:東京都練馬区設計者:blue studio / 石井健、星野晃範 面積:80.30平方メートル間取り:仕事場、ライブラリー、リビング、ダイニング、キッチン、寝室 竣工:2013年10月

hbrackin
Heather Brackinさんがアイテムをスモールスペースの味方、ベンチシートがもたらす豊かな時間 後編に追加しました 2015年3月19日

お絵描きやプレイスペースの机として、または椅子としても使える子ども部屋の万能ベンチシート。ベンチ下はおもちゃをかごなどに入れて収納としても使えます。広々とした遊ぶスペースとたっぷりの収納、鮮やかな楽しい色づかいの理想的な子ども部屋です。カラフルな子供部屋のアイデアを見る

Houzz 寄稿者のコメント:

mayaconstructiongroup
Maya Construction GroupさんがアイテムをWeekend Moodに追加しました 2018年6月7日

Dreamy basements for your little ones.

tama syuの写真

この写真を気に入った人はこんな写真も気に入っています
東京組|Parazzo Setagaya 環八に面した、賃貸併用RC住宅
帆居 hammock house
Home Kitchens/01 SH House
「スキップコア」 ~三世代を結ぶ家~
静岡の家 case003
扇の家
CASAさかのうえ
長瀞の家
類似した色の写真
Cattle Barn Conversion, Redhill
Shades of Grey
Urban Romantic
Apartamento Calatrava 2
Beverly Hills interior design project photo shoot
Химки ЖК Правый берег
Proyecto de interiorismo: dos habitaciones juveniles en Laukariz
Westmount residence IV