R10渋谷Tさんの家

東京23区のモダンスタイルのおしゃれな住まいの写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

jk21
Junko Kawakamiさんがアイテムを世界のHouzzから:日本的感性を象徴する「茶室」の伝統と革新性に追加しました 2016年4月5日

珪藻土の左官仕上げ、濃紺一色の湊紙(みなとがみ)の腰張など、職人仕事の美しい空間だ。床の間の材は床柱がオニスギ、床板と棚板はカヤを選んでいる。水屋の床は竹の簀子(すのこ)を敷いているので水が流せる。水撥ねを考慮し、濃紺の腰張は柱を境に板張に切り替えている。水栓、水切棚、通し棚など、裏千家の作法にのっとった本格的なしつらえである。「水屋のある場所は以前は洗濯機パンが置かれていた場所だったので、給排水管を問題なくまわすことができました」と鈴木氏は話す。利休の革新的精神を受け継ぐ現代の茶室ここまでは伝統的な茶室を紹介してきたが、「茶の湯の機能を充たした上で、茶の湯の雰囲気を感じさせること」という茶室の条件をふまえれば、現代建築においては、茶の湯の真髄である日本的感性を柔軟かつコンテンポラリーに表現した茶室がつくられるのも自然なことだ。500年前に日本的感性や芸術性を問い直して生みだされた利休の茶室のように、現代的な感性をふまえた茶室をご紹介していく。

endonaoko
Naoko Endoさんがアイテムを水屋付きの本格和室をマンション・リノベーションで実現に追加しました 2016年1月25日

こちらが水屋である。床は水を流せるように竹の簀子(すのこ)を敷いた。水撥ねを考慮し、濃紺の腰張は柱を境に板張に切り替わる。水栓、水切棚、通し棚など、裏千家の作法にのっとった本格的なしつらえである。 「以前は洗濯機パンが置かれていた場所だったので、給排水管を問題なくまわすことができました。逆に、洗濯機置き場を移したバスルームでのスペースの確保のほうが難儀しました」と鈴木さん。

Houzz 寄稿者のコメント:

zuleika_williams
Zuleika WilliamsさんがアイテムをZen roomに追加しました 2016年5月8日

storage. but would prefer dark wood

この写真を気に入った人はこんな写真も気に入っています
R10渋谷Tさんの家
R10渋谷Tさんの家
R10渋谷Tさんの家
茶室建築の家 K邸
奈良の茶室
奈良の茶室
奈良の茶室
受庵 想庵 行庵