Houzz Logo Print

027甲府 I さんの家

薪ストーブ:
best of houzz 2017「階段部門」受賞
best of houzz 2016「階段部門」受賞

他の地域にあるコンテンポラリースタイルのおしゃれな階段 (金属の手すり) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真は 1 件の質問があります
yujityujitのコメント :2015年7月5日
  • PRO
    アトリエ137 | atelier137 Architectural Design Office
    7年前

    バーモンドキャスティングのアンコールというストーブです。たいていのストーブやさんでお取り扱いがあると思います。

  • PRO
    薪ストーブ&ペレットストーブ専門店 BAYSTOVE / ベイストーブ
    5年前

    弊社でもお取り扱いのある商品ですのでお気軽にお問合せ下さい。

Houzz ユーザーのコメント:

hbrackin
Heather Brackinさんがアイテムを10月の暮らしのチェックリストに追加しました 2016年9月22日

扇風機を片付けて暖房の準備を夏の間活躍した扇風機と入れ替わりに、暖房機を取り出すご家庭も多いと思います。まずは扇風機を片付ける前にひととおりお掃除をしておきましょう。そしてこれから使う暖房機、特に石油ストーブなどは安全点検を。薪ストーブや暖炉も久しぶりに使う前に機能のチェックとお手入れをしておくのも、安全のためとても重要です。急に寒くなる日に備えて、灯油や薪の準備も早めにしておくと安心です。こちらもあわせて始めたい、薪ストーブのある暖かい暮らし

mikianzai
安西美樹|Miki Anzaiさんがアイテムを始めたい、薪ストーブのある暖かい暮らしに追加しました 2015年11月20日

放熱形式の違い薪ストーブの分類の仕方にはいろいろあるが、熱の放射方式の違いでみると、輻射式と対流式に大きく分けられる。こちらは、アメリカのバーモントキャスティングス社(日本ではファイヤーサイド扱い)の定番「アンコール」だが、上の個人邸の北欧箱形ストーブと同じ輻射式だ。輻射式とは、単純に本体から直接輻射熱を周囲に放散させるタイプのこと。一方、対流式は本体外側を二層構造にし、外層で輻射熱をいったんさえぎって、層の中で暖められた空気を放出するタイプだ。どちらが暖かいということではなく、対流式のほうが、本体に「遮熱板」がついている分、より背面や側面の壁に近づけることができるので、あまり広くない家向きである。ちなみに、このアンコールは、3~4年に一度、触媒(=キャタリティックコンバスター)を交換する必要がある。触媒は、大気汚染の原因である煙に含まれる未燃焼ガスと粒子をストーブ内で効率的に再燃焼させるので、排出される汚染物質や、煙突内に不着するクレオソート(木を燃やしたときに発生するヤニのようなもの)を90%まで削減することができる。したがって、このような触媒方式は、住宅街にある家屋や、エコな暮らしをしたい人向きといえる。ただし、触媒は消耗品で業者に頼んで交換しなければならないケースが多いため、初心者は、非触媒方式でシンプルな構造のストーブを好む傾向にあるという。

asako_ueno
上野朝子 Asako Uenoさんがアイテムを古いものやナチュラルな素材に合わせる、ブラックの旬な効かせ方に追加しました 2015年8月30日

暖炉と後ろの階段の手すりのブラック。鉄という素材のブラックは、テレビやオーディオの素材と違って、温かみを感じるブラックです。とはいえ存在感が大きいので、線は細く、面も小さく、を心がけると、こんなにすっきりした印象に。ブラックの使い方の素敵な例です。ブルックリンスタイルの写真をみる

Houzz 寄稿者のコメント:

hayeskmj
hayeskmjさんがアイテムをBeaに追加しました 2022年2月12日

Stairs are eveyrthibg. Railing is not ??

類似した色の写真
Southpaw Residence
Appartement PE
Lake Retreat
Rebecca Driggs Interiors_Raleigh NC
RAJ RESIDENCE
House 7
Parade of Homes 2014 Residence
Audrey St