表れた躯体との調和 世田谷区粕谷の家 マンションリノベーション

表れた躯体との調和 世田谷区粕谷の家
東京都世田谷にある築15年の分譲マンション。
2年ほど前に前の持ち主が改修工事をしている物件でした。
しかし、部屋は細かく分断されており部屋の明かりが部屋の壁で届かなくなっており、
けして住みやすく日中明るい家とは言えない物件でした。

そこで、今回のプロジェクトでCOLOR LABEL DESIGN OFFICEが提案したのが、
開放的で家族が集える自然光がたくさん差し込む住まいでした。

ダイニングに面する壁と書斎の壁はガラスで作成し、そのことにより光が奥まで届きます。
床はオーク材のフレンチヘリンボーンを採用。リズミカルな印象を与えます。
既存の天井はすべて取り払い天井高を確保。
躯体のコンクリートをそのままこの家のデザインの一部にしました。

家具や照明はヴィンテージのものを選び、コンクリートの荒々しさや年月の風合いと調和するようにコーディネートしました。

Design : 殿村 明彦 (COLOR LABEL DESIGN OFFICE)

東京23区の中くらいのコンテンポラリースタイルのおしゃれな書斎 (無垢フローリング、暖炉なし、グレーの壁、造り付け机、ベージュの床) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

sayakafujima
藤間紗花さんがアイテムをインテリアのオンライン相談。対応しているプロたちはどうしてる?に追加しました 2020年5月28日

オンラインコンサルで活用したいツールもはや定番?のzoomオンラインでのやり取りにおいて、使用するツール選びも重要です。とくにビデオ通話を用いる場合、通話が途切れたり、タイムラグが生じてしまうのは望ましくありません。主にweb会議ツール『zoom』を利用しているという中西さんは、「顔が明るく見えるライトや声が聞こえやすいマイクを使います。また、Wi-Fiが不安定ならないよう、よく確認するようにしています」と話します。

類似した色の写真
Newly Built Home
Lambiasi + Hayashi Architects
Midcentury Condo
Glendora Collection
Lake View
Contemporary Home Office
Du Plex
Courtfield Road