Houzz Logo Print

丹波篠山の家/House in Tamba-Sasayama (H&丹波篠山事務所)

他の地域にある広いアジアンスタイルのおしゃれな書斎 (ベージュの壁、無垢フローリング、造り付け机、ベージュの床、板張り天井) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

mikianzai
安西美樹|Miki Anzaiさんがアイテムを2022年の住まいのトレンドは?Houzzのユーザー動向から読み解くに追加しました 2022年1月9日

1.ホームオフィスを見栄えよく!リモートワークが定着する中、2022年も引き続き、ホームオフィスの充実がテーマになりそうです。Houzzマガジンでも書類の収納・管理術やテレワーク用の家のリフォームについての記事がよく読まれています。特に、ウェブ会議の背景のインテリアを気にされる方が多く、「壁面のリノベーションや、窓周りのカーテンの吊り替えが増えました」と話すのはstudio Ma(スタジオ・エムエー)代表の安藤眞代さんです。「ワークルームの壁面造作家具の色を、全てブルーにされた方もいらした」そうです。

mamikona
Mamiko Nakanoさんがアイテムを眺めを楽しむ窓辺のホームオフィス16選に追加しました 2020年7月17日

丹波篠山の家(兵庫県) 設計:エイチ・アンド一級建築士事務所

erincarlyle
Erin Carlyleさんがアイテムを事業を強化するために、いまできる8つのことに追加しました 2020年3月31日

4. 自分の事業の進捗が分かるよう、透明性を保つ関係者に事業の進捗を知らせることで、連絡を途切れさせないようにすることができます。それぞれが大変な思いをしているこのような時だからこそ、信頼性が高く評価されます。人々は助け合うためのの手だてを見つけようとしていますし、小さな地元企業を応援したい人はたくさんいるはずです。 リーシアは、自身の事業の状況をメールで伝えました。「危機的状況が明らかになっていく中で、経費を削減し、私の素晴らしいチームの雇用を維持する方法を考えていました」と、関係者に送られたメールには書かれています。「事務所にしている家の家主さんにも、退去することになるだろうと伝え、テレワーク体制を続けることを決めました」とリーシア。この状況を何人かのクライアントに伝えたところ、『事務所の看板を私たちの家の前に立てませんか?突拍子もないと思うかもしれませんが、ここは人通りが多いですし、家について本当にたくさんのコメントをいただくんです』などと、私たちの将来を気に掛ける言葉をもらいました」と話します。その後、家主からも次のような返事があったそうです。「あなたとチームにはここに残ってほしいと思っています。何か方法を考えましょう。正式なものである必要はありません。状況に応じて変更できるものにしておきましょう。私たちは友達でしょう?話し合いをしなくちゃ」 「もちろん情勢や事務所にとって、適切なメッセージであるかは見極めなければなりません」とリーシア。「私たちはラグジュアリーな住宅を多く手掛ける事務所ですが、大規模なプロジェクトをこの状況で期待するのは、まったくもって見当はずれです。今はもっと考えるべきことがあります。自分たちのことを一番に思い出してもらうことに集中すべきです。いつか状況は良くなるはずですから、そのときに、私たちのつながりが今までよりも強くなっていることを願っています」

Houzz 寄稿者のコメント:

kubota_ryoko
Kubota Ryokoさんがアイテムを次の家に追加しました 2021年5月29日

ヨハネスの書斎をこんな風にしてもいいねー。 あー、客間でもいいかな。 これをビキニホテルの部屋みたいにシャワーとトイレと洗面コーナーを付けて。

類似した色の写真
2009 Inspiration Home
Channels Ranch
Gothic Period Home
Teddy Edwards Bespoke Study & Library Furniture
深沢の家
Hamptons Ocean View Mansion | Malibu
Moraya Bay Naples, FL
fenwick residence