Houzz Logo Print

楓ケ原の家

他の地域にある和風のおしゃれな寝室のインテリア —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

mikianzai
安西美樹|Miki Anzaiさんがアイテムを歴史ある別荘地・軽井沢に建つ7つの住まいに追加しました 2022年8月28日

半地下の寝室は、設計を担当した鎌田賢太郎さんのアイデアです。寒冷地の軽井沢では、冬期に地面が凍結し、体積の膨みで地盤が盛り上がり、その力が建物を押し上げてしまいます。そのため、地盤と接する最深部を、凍結深度(70cm)より深く掘削する必要があるのですが、この地下空間を有効利用して、半地下寝室をつくりだしたのだと教えてくれました。埼玉県のご自宅にも地下室があるというオーナーは、「寝室は半地下がベスト! 熟睡できます」と喜ばれています。この家の詳しい記事を読む

mikianzai
安西美樹|Miki Anzaiさんがアイテムを定年後に軽井沢に移住し、愛犬と楽しく暮らす家に追加しました 2019年7月9日

凍結深度*の確保で生まれた床下ピット空間を利用した半地下の寝室寒冷地の軽井沢では、冬期に地面が凍結し、体積の膨みで地盤が盛り上がり、その力が建物を押し上げてしまう。そのため、地盤と接する最深部を、凍結深度(70cm)より深く掘削する必要がある。「この地下空間をどうにか有効利用できないか?」と常日頃考えていたという鎌田さん。建築基準法に定められた最低の天井高2.1mを確保して、半地下寝室をつくりだした。「塒(ねぐら)で包まれているような安心感があって、熟睡できます」と吉村さん。スキップフロアの階段も、「たった4段なので、老後も安心」だという。埼玉の自宅にも地下室はあるが、「寝室は半地下がベスト」という。南側の窓から心地よい日が差し込み、日中でも閉塞感はない。

類似した色の写真
DayDream
Farinelli Construction Inc
1000 Ocean
Holzhaus am Hang
Modern Bedroom
Key Largo
Kings Creek 2 (After)
House Port Guest House Morongo Valley