高円寺の家

格子の奥には床置きエアコンがあります。

東京23区の和風のおしゃれなダイニングの写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

mamikona
Mamiko Nakanoさんがアイテムを木と漆喰の心地よさに守られて。匠の技が光る小さな家に追加しました 2019年2月18日

居間の床材は無垢のヒノキ。地面に近い位置には「地窓」が設けられている。この窓があることによって、夏の暑い日には風が家の中を通り、屋根の上にある「越屋根」の窓から抜けていくため、涼しく過ごせる。テレビの下には、エアコンが1台設置してある。床下の位置に設置することで、空気だけではなく、基礎や壁部分の温度を調整してくれる。 「エアコンで空気を暖めようとすることが多いけれど、体感温度を一定に保つには、壁とか床を暖めたほうがいい。壁の温度と空気の温度を足して2で割ったのが、体感温度です」(松井さん)

類似した色の写真
Modern 5th Avenue Duplex
Cabot Barn Home
Alcina
Tartan Homes
The Carpenter Oak Show House, Kingskerswell
Contemporary Dining Room
Traditional w/ Transitional Flair
Modern Dining Room