中板橋の家 (リノベーション/木造3階/築3年)

築3年メーカー住宅をリノベーション「木の家に」【中板橋の家】

2階LDK
リビング階段 木製のガラス引戸 作り付の収納と棚


ハウスメーカーで建てた「建材の家」が、「木の家」に変わりました。
床:杉板。腰壁シナベニヤ。壁:珪藻土クロス。天井:珪藻土。

東京23区の北欧スタイルのおしゃれなLDK (白い壁、淡色無垢フローリング、ベージュの床) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

mamikona
Mamiko Nakanoさんがアイテムを家が片付かないなら、片付くようにリノベーションしように追加しました 2019年5月9日

「片付いていない」状態がよくない理由視覚から入る情報は、心にとても大きな影響を与えます。朝起きて、ちらかっている部屋に「あ~あ……」と気持ちが落ちたこと、きっとありますよね。何かやろうと、やる気になって楽しくなったのに、それをやるためにはまず、片付けから始めなければいけない状態に気持ちがしぼんだこと、ありますよね。人は、頭に浮かんだことをすぐ行動に移したいものです。なのに、目の前にはたくさんの「関係ないもの」があり、「必要なもの」がどこにあるかわからない状態が、邪魔をするのです。イライラしますね。やる気、なくなりますね。そこから、部屋を整えるための時間を消費しなければなりません。気持ちを盛り上げるのにはエネルギーが必要です。「片付いていない」状態は、あなたの「時間とエネルギー」を浪費する、悪循環の入り口です。「片付けなければ」と思う時点でストレスが起きます。いいことがないのです。精神的にも、健康的にも。その結果、パートナーに当たったり、子供をしかったり……。家族の関係も悪くなります。