平屋と二階建てが土間で繋がる二世帯住宅

お住まいになってからのリビング、ダイニングの様子。手摺の本棚に本が入っています。ソファはお施主さんがこだわったTRUCKのソファです。

他の地域のアジアンスタイルのおしゃれなLDK (白い壁、無垢フローリング、据え置き型テレビ、茶色い床、暖炉なし) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

mamikona
Mamiko Nakanoさんがアイテムを妥協のない、理想の住まいのために。自分に問いかけたいことに追加しました 2019年10月11日

見積書に「“本当の”理想」という基準が生きる最初の見積金額は「自分の理想を詰め込んだ」値段です。予算に合わなければ下げないといけません。その時に「”本当の”理想」という『物事を考える基準』が役立ちます。実現したい理想の順番を考えましょう。「基準」があるからはっきりするはずです。【削っていく順番】(番号の順で減額する金額が大きくなります)納得できる仕様変更将来でも付けられる設備機器既製品に置き換えてもいい造作家具面積理想の一番が面積なら他を削るしかありません。でも使いたい材料や器具が全部使えないとしたら、楽しくはなりません。考え方を切り変え、もう一度「ここの面積小さくしたらどうだろう?」と考えてみましょう。きっと納得できる答えが出るはずです。【削ってはいけないもの】人件費本当にやりたいこと本当に使いたい物あなたは自分の給料を減らされてやる気になりますか?必要以上のことはしなくなると思います。「人件費を削る」とはそういうことです。ただ、内容を考え直し、手間が掛らないようにすることはしてもいいのです。本当にやりたいこと、使いたい物がゼロになっては、家作りをする意味がありません。たった一つでも実現しましょう。ただし、「1つしかできない」という悲観的な結果ではなく「これが実現できうれしい」という積極的な決断をして下さい。建築家と家づくりをするメリットとは?

mamikona
Mamiko Nakanoさんがアイテムをロフトを活かすための5つのアイデアに追加しました 2019年9月17日

ロフトスペースには、床面積が制限されていたり、天井高が1.4m未満でなければならなっかったりと、法律で定められた決まりがいくつかあります。それゆえに使い方に工夫が必要なスペースといえるかもしれませんが、日本では、戸建て住宅でも賃貸物件でもロフト付の住まいがたくさんあります。「ロフトスペースをつくりたいけれど活かし方がわからない」「ロフトがあるけれど、うまく活用できていない」という人もいるでしょう。今回はHouzzで見つけた、ロフトを活かすアイデアを5つご紹介します。

mamikona
Mamiko Nakanoさんがアイテムを二世帯住宅で失敗しないために考えておきたいことに追加しました 2019年1月20日

二世帯住宅を選ぶ理由二世帯住宅を選ぶ理由を考えてみると、以下のようなものが上がってきます。子育ての力になってあげたい(親)大家族で暮らすほうがなにかと安心 子供にとってよい(子)広い家に住める(子)経済的である(親)(子)いざという時安心(親)(子)家が大きいからリフォームすれば二世帯で住める(親)(子)家が古いので建て変えるなら二世帯もありかも(親)(子)

類似した色の写真
Munter Residence
Lakewood Boulevard
Maisonette-Wohnung der Instagramerin Melike von "Easyinterieur"
Villa M
St Kilda West
Living Room
Maset Juli
living room