松栄の家

松栄の家 HEARTH ARCHITECTS
本計画は東西に間口5.5m×奥行32mという京都の「うなぎの寝床」のような敷地に計画されたプロジェクトです。そのため南北は建物に囲まれ非常に採光と採風が確保しにくい条件でした。そこで本計画では主要な用途を二階に配置し、凛として佇みながらも周辺環境に溶け込む浮遊する長屋を構築しました。そして接道となる前面側と実家の敷地に繋がる裏側のどちらからも動線が確保出来るように浮遊した長屋の一部をピロティとし、屋根のある半屋外空間として長い路地空間を確保しました。

建物全体としては出来る限りコンパクトに無駄な用途を省き、その代わりに内外部に余白を創り出し、そこに樹木や植物を配置することで家のどこにいながらでも自然を感じ季節や時間の変化を楽しむ豊かな空間を確保しました。この無駄のないすっきりと落ち着いた和の空間は、クライアントの日常に芸術的な自然の変化を日々与えてくれます。

他の地域のアジアンスタイルのおしゃれなキッチン (シングルシンク、フラットパネル扉のキャビネット、中間色木目調キャビネット、ステンレスカウンター、白いキッチンパネル、濃色無垢フローリング、茶色い床) の写真 —  Houzz
関連写真
この写真へのお問い合わせはありません

松栄の家の写真

この写真を気に入った人はこんな写真も気に入っています
house3
御殿場の家
photo7
名取市A様邸
古城ヶ丘の家
東大阪市・H邸リフォーム
キッチン
坂井建設
類似した色の写真
Kitchen Remodel: Eclectic / Farmhouse Kitchen with Breakfast Nook
Mandarin
Carmel Highlands Residence
Sonoma Kitchen
Stunning Contemporary Mountain Home
Contemporary Kitchen
House at prines rethymno
Istra Country House