ペニンシュラキッチンの画像

キッチンの間取りに、ペニンシュラキッチンをお考えですか?ペニンシュラキッチンとは、キッチンの左右どちらかが壁に接していて、半島のように突き出しているレイアウトの台所です。コンロ、調理台、シンクを横一列に並べたI型ペニンシュラキッチンは、対面キッチンとして人気が高いレイアウトです。背面に収納付きカウンターをつけたり、ペニンシュラキッチンの向かいや延長線上にカウンターを設けたり、デザインバリエーションも豊富です。Houzz に登録されているたくさんのおしゃれなペニンシュラキッチンの画像の中から、あなたのお気に入りのアイデアを見つけてください。

ペニンシュラキッチンのメリット・デメリット

対面式ペニンシュラキッチンの一番のメリットは、キッチンがリビングやダイニングに向けて開かれているので、作業中でも家族やお客さまとコミュニケーションを取れることです。ペニンシュラキッチンの向かいにテーブルやカウンターを設ければ、出来たての料理を出せる食卓、お子さんが宿題をするスペースなど多目的に使う事ができます。オープンな開放感がある間取りですが、アイランドキッチンのように両側に通路を確保する必要がないのも魅力的です。

デメリットは、コンロやシンクが他の部屋に面しているため、調理中の油ハネや洗い物の水はね、食べ物の匂いが広がりやすいことです。ペニンシュラキッチンの壁側にコンロを設けて、その上に高機能のレンジフードを壁付けするのも一つの方法です。また、レンジフードとコンロを全面タイプの耐熱ガラスの壁でつないだり、コンロやシンクの前に衝立をつけると、油汚れや水ハネの広がりを防ぐことができます。パーティションに透明な素材を使えば、オープンキッチンの開放感を損なうこともありません。

I型ペニンシュラキッチンのレイアウト例

ペニンシュラキッチンにカウンターを設けて、ハイチェアやスツールを置けば、おしゃれなカウンターキッチンとなります。キッチンカウンターは、コンロやシンクと高さを揃える場合と高さをあえて低くする場合で、キッチンの雰囲気が変わります。カウンターをキッチンと同じ高さにする場合、キッチンのワークトップはステンレス、カウンター部分は木材など素材を変えることで、全体のバランスを保ちながら調理スペースと配膳や食事に使うエリアを分けることができます。

ペニンシュラキッチンから1段下げた場所にカウンターを設けるレイアウトもおすすめです。段差をつけることにより、作業中の手元の目隠しにもなります。カウンターの高さより低くすることで、椅子も低めで、カウンターテーブルの下に収納できるようにすると、省スペースになります。

ペニンシュラキッチンに対して直角にカウンターをつけると、配膳台として使いやすいスペースが生まれ、通路を塞がないよう注意すれば、キッチンの足元を程よく隠すこともできます。

オープンキッチンの間取りやデザインで覚えておきたいのは、キッチン内の動線はもちろんですが、周りの部屋との調和です。特にキッチン天板や収納棚など、存在感があるキッチン設備や家具が、隣接するリビングやダイニングの色調やスタイルとしっくりくるか考えてみましょう。

ペニンシュラキッチンの収納

オープンスタイルの対面キッチンでは、収納スペースの確保が気になる課題です。たくさんの食器や調理器具を収納する大容量の収納スペースがが必要であれば、背面の壁一面に収納ユニットを取り付けることをおすすめします。ペニンシュラキッチンの上にオープンシェルフの吊戸棚をつけて、見せる収納を活用するアイデアもあります。扉付きの吊戸棚をつける場合は、ダイニング側に幅の狭いオープンな飾り棚をつけて、お気に入りのキッチン雑貨や、観葉植物を飾ってもインテリアのアクセントになります。

オープンキッチンは、他の部屋からキッチンがよく見えるため、常に整理整頓してスッキリ保ちたいですね。まな板やスポンジ、洗剤など常に使う道具や、ゴミ箱を置くスペースなどもキッチン設計プランに取り入れましょう。

PR
5つ星アプリ「Houzz」を使おう!
5つ星アプリ「Houzz」を使おう!
PR