御殿場の家 モダン-キッチン
保存1,892質問する印刷

御殿場の家

URL
http://tukurito.com
他の地域のI型モダンスタイルのダイニングキッチンの画像 (中間色木目調キャビネット、木材カウンター、淡色無垢フローリング、アイランドキッチン、シングルシンク) — Houzz

Houzzコントリビューター(寄稿者)のコメント:

石井妙子 さんが キッチンの印象を決めるワークトップ、どの素材を選ぶ?に追加しました
木の手入れ方法水や油が飛んでしまったら、極力早く拭き取り、シミを残さないように。使い終わったら拭きあげて、乾燥した状態を保つようにしましょう。木の家具同様、定期的にオイルで手入れするのがベターです。ウレタン塗装をしている場合は、特別な手入れは特に必要ないですが、汚れたらこまめに拭き取ることを心がけてください。木の注意点湿度の高いキッチンでは木が反ってしまう場合があり、隙間から水が入って木が腐ることも。キッチンに風が通りやすいようなプランにしましょう。
株式会社静岡編集舎 さんが Houzzツアー:木と窓が際立つ、シンプルで心地よい《御殿場の家》に追加しました
とにかくシンプルに暮らしたいという奥様のこだわりで、キッチン収納を下段に大きく取り、見せたい器やスタイリッシュな家電のみを上部の棚にレイアウト。IHコンロとシンクの高さが平らになるように特注した木のダイニングテーブルは、5m弱の大きさで存在感抜群。来客時はもちろん、4人の子どもたちとの家族の食事もゆったりと楽しむことができる。
Ayano Yokoyama さんが CAセレクション:Houzzで見つけた理想のキッチン10選に追加しました
木のぬくもりを楽しむキッチン木のぬくもり、優しい顔をしたキッチンです。調理スペースと同じ高さのダイニングテーブルは作業場としても使えて、私の理想の形のひとつです。家族一緒に作業できたり、ニーズによって変えられるのが魅力的です。
田村敦子|Atsuko Tamura さんが シニア世代が豊かに過ごすためのインテリアのヒント10に追加しました
2. 肌触りのよい、温かみのある素材を選ぶ素材では、漆喰や木などの自然素材を上手に使いたい。「漆喰は調湿や抗菌の効果、揮発性有機化合物の吸着・分解機能もあり、テクスチャーや仕上げによって、和洋どちらにもなじむのも魅力」と網村さんは言う。「年齢を経ると、靴を履くときや歩くときに、周囲にあるものに手を添える機会も多くなります。そんなときに金属素材だと冷たくヒヤッとして、つかんだり触れたりするのに躊躇してしまいます。インテリアとしても硬質で冷たいメタルより、温かみがあってやわらかな木が適しています。「うっかりぶつかって怪我をすることのないよう、なるべく角ばっていない、シャープでないものがいいですね」。シニア向けの家の素材や家具選びについて、松本さんは「長い人生の最高潮の時期を過ごすにふさわしく、特に肌に触れるものには上質なものをおすすめしています。たとえば椅子の張り地やベッドリネン、取っ手の形状などです」と語る。
Yu Ebihara さんが 2017年 人気まとめ記事10選:ライフスタイル・暮らし編に追加しました
シニア世代が豊かに過ごすためのインテリアのヒント10シニア世代が暮らす家とインテリアはどうあるべき? 50代以降の世代にとっての快適なインテリアについて、この分野に詳しい3人のインテリアデザイナーにお話を聞きました。こちらもあわせて住まいの見直し適齢期、プレシニア世代の暮らしに合った空間とは?プレシニアが小さな家に住み替えるとき、ライフスタイルはどう変わる?

Houzzユーザーのコメント:

高橋佳世 さんが 佳世さんのアイデアブックに追加しました
アイランドキッチン キッチンとつながったダイニング
chihoanego さんが chihoanegoさんのアイデアブックに追加しました
キッチンにテーブルが続いているのが良

1,800万枚以上の住まいに関する写真の中からお気に入りを見つけましょう