コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
Akari Fukuda 福田 珠里

究極ですね。とても素敵。

敷地の傾斜にそって段差のある迫力あるリビングが特に。自然と同じ流れに沿って住んでいるようで、こんなところで過ごせるなんて!と羨ましい限りです。

“「あれこれ言うと面白くならない」と、設計に関してオーナーは細かい注文をほとんどつけずに、〈津野建築設計室〉の津野恵美子さんに任せた。”

そうおっしゃるオーナーさんも格好良いですね。

センスある建築家さんに思いっきり家づくりしてもらうって理想的だ!と改めて思いました。

「いいね!」 8 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
安西美樹|Miki Anzai

福田さん、そうなのです。広さや設備の豪華さに目が行きがちですが、土地の特徴を細かく読み解き、自然を大切にされて設計・施工された家なのです。ガラス張りの渡り廊下も素敵でしょう〜。津野さん、「この遊び心をオーナーに受け入れてもらえるか」ちょっと不安だったそうですが、ばっちりだったそうです。

自然を取り込み、共生することにも、かなり腐心されています。それは設計だけでなく、工事の時も、木々や土を痛ませないように、細心の注意が払われました。

「多分、建築家の方しか気づいてもらえないだろう」と仰られていましたが、リビングの連なる梁や床の線がズレていないというのも驚異的なことです。

決して安い買い物ではないので、ついつい口を出してしまいそうですが、センスある「プロに任せて」家を建てられるなんて、本当に素敵ですよね。

「いいね!」 8 件    

おすすめの記事

日本 限られた予算で夢を実現。光と風、緑を満喫できる高台の小さな家
文/Miki Anzai
急勾配の崖の頂上にある約30坪の変形地に、予算内で実現した緑あふれる心地よい家。思い込みをなくすことで「気持ちよさ」をデザインした、さまざまな工夫とは?
続きを読む
日本 日常を離れて波の音を楽しむ、極上のリゾートハウス
目の前を遮るもののない「海最前列」の立地に立つ贅沢な週末用住宅。リゾートらしい非日常空間をつくりだすための工夫にあふれた家です。
続きを読む
建材 世界の美しいガラスの家 33選
文/Houzz Japan
ミースの《ファンズワース邸》やフィリップ・ジョンソンの《グラスハウス》から現代のさまざまな作品まで、ガラスを外壁に大胆につかった美しい家をご紹介します。
続きを読む
建築・デザイン 「左官壁」という芸術:左官職人久住有生氏インタビュー
文/Naoko Endo
多彩な色、装飾、質感をもつ日本の「左官壁」は、単なる「土壁」を超える、芸術的な壁であり、長く厳しい修業のたまものだ。国内はもちろん海外でも活躍する左官職人・久住有生氏に、左官壁の美とそれを生み出す伝統の技について語ってもらった。
続きを読む
オセアニア 森の中にありながら、できるだけ木を切らずに建てたモダンハウス
ニュージランドの海岸沿いに立つ、自然の森を縫うように設計された家をご紹介します。
続きを読む
インテリア インテリアデザインのプロに聞く、2017年トレンドのキーワード
今年、人気を集めるスタイルやテイスト、注目のアイテムやデザイナー。インテリアのプロが予測する、トレンドキーワードをご紹介します。
続きを読む
日本 Houzzツアー:左官壁や床に歴史が漂う、京都の町家再生プロジェクト
文/Miki Anzai
築100年の京町家を左官職人出身の建築家が再建し、日本文学研究者のセカンドハウスに。新旧の素材を組み合わせ、建物の歴史を浮かび上がらせた美しい家。
続きを読む
建築・デザイン すぐれた建築家が必ず実践している設計における8つの習慣とは?
よい建築家は物語を紡ぎ、センスを大切にしながらデザインする。ルールを知りぬき、 それを破るべきときも知っている――すぐれた建築家の設計をめぐる習慣とは?
続きを読む
日本 海まで2分! 自然を身近に感じる、大きな窓のある家《IS》
使っていくほどに暮らしになじむインテリアが好きな夫妻が求めたのは、「大きなLDK」と「自然を近くに感じる暮らし」。それにこたえて建築家が提案したのが、ファサードの1階部分に広がる大きな家型の窓でした。
続きを読む