コメント (1)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
荒木毅建築事務所

格子の特集に取り上げて頂きありがとうございます。

この住宅では、螺旋階段を光の筒と見立て、格子を通して裏側にも光を供給しました。上部からの太陽光は、1階では格子の裏側の北側の洗面所に差し込みます。

荒木毅

荒木毅建築事務所

「いいね!」 9 件    

おすすめの記事

建築・デザイン すぐれた建築家が必ず実践している設計における8つの習慣とは?
よい建築家は物語を紡ぎ、センスを大切にしながらデザインする。ルールを知りぬき、 それを破るべきときも知っている――すぐれた建築家の設計をめぐる習慣とは?
続きを読む
建築・デザイン 日本の左官壁〜人の手がつくり出す多彩な世界
文/Naoko Endo
日本の職人ならではの温かみと風合が感じられる「左官壁」。Houzzに掲載されたさまざまなプロジェクトを通じて、調湿などの機能も備えながら、多彩な美しさをみせる塗り壁事例の数々を紹介します。
続きを読む
日本 海外からも注目度大。自邸に木と和の装いを取り入れてみませんか?
木を使った日本建築の良さの中に現代的な要素をエッセンスを加えてみませんか? 純和風の家はちょっと難しいと考える人にすすめたい、モダンジャパニーズの家づくりのアイデアです。
続きを読む
インテリア インテリアを進化させるモダンな「障子」のとりいれかた
和のイメージが強い障子ですが、実は現代住宅にも馴染むモダンなデザイン美と機能美を合わせ持つ建具です。この記事では、国内外の障子のある空間から、今ふうの使い方をご紹介します。
続きを読む
日本 Houzzツアー:左官壁や床に歴史が漂う、京都の町家再生プロジェクト
文/Miki Anzai
築100年の京町家を左官職人出身の建築家が再建し、日本文学研究者のセカンドハウスに。新旧の素材を組み合わせ、建物の歴史を浮かび上がらせた美しい家。
続きを読む
日本 My Houzz:住む人の気持ちを豊かに変える。築54年の家が教えてくれたこと
この家なら、きっと自分たちらしく暮らせるーーそう感じた住まい手が選んだのは、 タイムスリップしたかのような風情漂う、昭和の古い日本家屋でした。
続きを読む
インテリア 肌に心地よく、目にも楽しめる、最適なフローリング材を選ぼう
文/Taeko Ishii
フローリングは、材料となる木の樹種はもちろん、製法や仕上げ、材の幅や張り方など、実に多くの種類があります。それぞれの特徴を知って、最適なタイプを選びましょう。
続きを読む
ニュース 名作住宅:コルビュジエに消されかけた女性建築家、グレイの傑作《E1027》
文/Kate Burt
コルビュジエとの確執から一時は建築史から消されかけたアイリーン・グレイ。彼女を正しく再評価する2本の映画が制作され、名作住宅《E1027》がたどった数奇な運命の真相を描き出している。
続きを読む
防災 命と資産を守る「地震に強い家づくり」とは?
地震国の日本では、防災は常に意識しなければならないこと。補強やリフォーム、新築のときには、地震に強い家づくりを検討することが大切です。
続きを読む