コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
furukawa

和紙を活用した住まい。。素敵ですね。

柿渋紙が使われた壁、昔ながらの素材が使われているのにとても新しい感じがします。実物を観てみたいと思いました。

「いいね!」 3 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
POWDERYELLOW

1400年以上の歴史に裏付けされた文化には、昔のモノの無い時代に何とかして紙と言うモノを作りだした執念が感じられます。

In 1400 years of history to support it has been culture, and somehow it is felt obsession that has created and things do say the paper to the old days of no era of mono.

「いいね!」 3 件    

おすすめの記事

日本 Houzzツアー:和紙に包まれた、美しく年を重ねる家
文/Miki Anzai
ご実家の離れを、新婚夫婦のライフスタイルに合うようリノベーション。和紙や木や石、日本建築の魅力を生かした美しい家。
続きを読む
建築・デザイン 和と洋が融合し、美しく調和したニッポンの住まい
文/Naoko Endo
畳敷きの和室には襖や障子、リビングにはテーブルやソファを。そんな固定概念にとらわれない、「和✕洋」のハイブリッドなしつらえから生まれる豊穣空間をご紹介します。
続きを読む
和室の記事 機能美を兼ね備え、次世代へと進化する「和室」
畳、襖、押入れなど、現代的で機能もすぐれた和室のしつらえが日本のみならず海外でも注目されています。和室のデザインの参考にしてみてください。
続きを読む
建築・デザイン 「左官壁」という芸術:左官職人久住有生氏インタビュー
文/Naoko Endo
多彩な色、装飾、質感をもつ日本の「左官壁」は、単なる「土壁」を超える、芸術的な壁であり、長く厳しい修業のたまものだ。国内はもちろん海外でも活躍する左官職人・久住有生氏に、左官壁の美とそれを生み出す伝統の技について語ってもらった。
続きを読む
建築・デザイン 日本の左官壁〜人の手がつくり出す多彩な世界
文/Naoko Endo
日本の職人ならではの温かみと風合が感じられる「左官壁」。Houzzに掲載されたさまざまなプロジェクトを通じて、調湿などの機能も備えながら、多彩な美しさをみせる塗り壁事例の数々を紹介します。
続きを読む
建築・デザイン 建築家の谷尻誠さんが考える「人と人との化学反応が生まれるキッチン」とは?
「常に新しい概念を探しながら建築を設計している」という建築家の谷尻誠さんは、キッチン、リビング、ダイニングといった空間の区別やヒエラルキーがないほうが、コミュニケーションの生まれる空間になる、と考えています。
続きを読む
建築・デザイン 日本の伝統的住宅の12の基本的な特徴とは?
日本で育ち、現在はロサンゼルスで暮らすアメリカ人ライターが、日本の伝統的住宅の基本的な特徴である12のポイントを解説します。あらためてなるほど、と思うこともあるかもしれません!
続きを読む
建築・デザイン デザイナー原研哉さんが考える「これからのキッチン」とは?
キッチンは調理のための作業場から「暮らしのへそ」になっていく――さまざまなプロジェクトを通して住まいを考えつづけてきた原研哉さんに、「これからのキッチン」についてお話をうかがいました。
続きを読む
トレンド 世界のHouzzから:木の豊かな可能性を示すイノベーティブな木造住宅 9選
木造といえば伝統建築と思っていませんか? 世界各地で、 木材のすぐれた性質を生かしたイノベーションにあふれる現代的木造住宅が誕生しています。
続きを読む