コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
POWDERYELLOW

いつの世も女に対する男の低俗的とも言える感情は如何なるものなのか?

ル・コルビュジエの愚劣で傲慢で嫉妬深さに満ち溢れた愚か者としか思えない精神は何処から来たものなんだろうか・・・女性蔑視と言う簡単な言葉尻では語る事は些か陳腐である。

この現象は今の世の中~何処かしこでも行われている現象ではないだろうか!?

才能以前に私が思うル・コルビュジエの人間性には些かお育ちが悪いのではないかと思わせる前提が先に立ってしまうのは何故か?

要するに心の中に潜む邪悪な一面が彼の潜在意識の中にあり誰にも知られたく無い恥部では無いかと・・・

世間で巨匠と言われるル・コルビュジエを囲む人々の中には必ず心の闇を抱えたル・コルビュジエの真の姿を捉えていたが、それすら抑え込んでしまう強欲な精神力で威圧感があったんんであろう・・・!?

きっとル・コルビュジエの人生は愛された事の無い寂しい人生であったと私は確信しています。その裏返しが彼を建築界で異才を放つきっかけになったとも言える。

「いいね!」 6 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
伊勢﨑建築設備士事務所

小生も同感です!

「いいね!」1 件    

おすすめの記事

建築・デザイン すぐれた建築家が必ず実践している設計における8つの習慣とは?
よい建築家は物語を紡ぎ、センスを大切にしながらデザインする。ルールを知りぬき、 それを破るべきときも知っている――すぐれた建築家の設計をめぐる習慣とは?
続きを読む
ニュース 映画『マイ・インターン』に登場する、素敵でリアルなインテリアの秘密とは?
文/Anne Colby
『恋愛適齢期』や『恋するベーカリー』でも素敵なインテリアが話題を呼んだナンシー・マイヤーズ監督。最新作『マイ・インターン』でもセンスのいい空間が注目を集めています。リアリティに徹底的にこだわったインテリアづくりには、実際の家づくりに通じる考え方やアイデアがたくさんありました。
続きを読む
建築・デザイン 絶対に知っておきたい名作モダン住宅:イームズ邸
文/John Hill
イームズ夫妻の自邸兼アトリエは、カラフルで活気あふれるスタイルで、モダニズムのステレオタイプを打ち破りました。20世紀で最も重要なデザイナー夫妻の個性をあますところなく表現した住宅をご紹介します。
続きを読む
建築・デザイン 絶対に知っておきたいモダニズムの傑作住宅10選
文/John Hill
現在も住宅デザインに影響を与え続けるモダニズム建築の傑作。あなたの家にもその要素が入っているかも?
続きを読む
建築・デザイン 世界のHouzzから:日本的感性を象徴する「茶室」の伝統と革新性
茶道とともに成立し500年にわたり発展してきた茶室。茶聖・千利休が伝統建築を革新して生まれた茶室は、今も「利休の精神」により革新され続け、新しい表現を生み出し続けている建築形式です。
続きを読む
建築・デザイン デザイナー原研哉さんが考える「これからのキッチン」とは?
キッチンは調理のための作業場から「暮らしのへそ」になっていく――さまざまなプロジェクトを通して住まいを考えつづけてきた原研哉さんに、「これからのキッチン」についてお話をうかがいました。
続きを読む
ニュース 映画『人生フルーツ』:雑木林の家に暮らす、90歳の建築家と妻の豊かなふたり暮らし
文/Miki Anzai
雑木林の中、赤い屋根の平屋で暮らす90歳の建築家・津端修一さんと妻・英子さんの日常を追った名作ドキュメンタリーが正月から劇場で公開に。自然とともにある建築を追い求め続ける夫と彼を支える妻の生活は、真に豊かな暮らしとは何かを教えてくれます。
続きを読む
季節のイベント 家でお月見を楽しむ準備をしよう!
文/藤山佳織
一年のうちで月が最も美しく見える「中秋の名月」。ご自宅の庭や窓辺でお月見を楽しみましょう。
続きを読む
建築・デザイン 名作建築:コルビュジエのモダニズム建築遺産、8作品の誕生秘話
文/Claire Tardy
「近代建築運動への顕著な貢献」としてその作品が世界遺産に登録された20世紀最高のモダニズム建築家ル・コルビュジエ。サヴォア邸からロンシャン礼拝堂、チャンディーガルまで、専門家への取材を通して偉大なる作品群の誕生秘話に迫りました。
続きを読む