コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
ran koma

物理的な選択のほかに”住まい方”を選ぶことも大切です。

知人にこんな人がいます。おいそれと真似はできませんが、人生の視野を広げる一助にはなると思います。記事をご覧ください。https://wirelesswire.jp/2018/05/65246/

「いいね!」 2 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
志田茂建築設計事務所

ran koma

教えていただいた記事を読みました。とても興味深い内容です。

家は「個人の所有物」「個人の場」というのが一般的な概念です。「でした」と言ってもいいのかもしれないですね。「人が集まる場」「人がつながる場」という考え方が広がってきたのは、とてもいい事だと思っています。

おっしゃられるように、これまでの家についての考え方は、「自分の領域を作る」ための「囲い」「皮」のような「”物”思考」でした。

ゲストハウス、シェアハウスは、”個人の領域”を確保しつつ、そこで起る「事」を期待するもの・・・だと思います。

ご紹介いただいた「ギルドハウス」はそれがもっと”「事」寄り”になったという事ですね。

家というのは、そこ住む人自身を表します。様々な事が解体され価値が多様化した今、家についての考え方も、”一般概念”でしばられる必要がないと思います。

設計する側としても、とても刺激になる記事をご紹介いただきまして、ありがとうございました。

「いいね!」 5 件    

おすすめの記事

片付け 共働き家族のための、家事シェアできる住まいの作り方【キッチン編】
仕事をしながら子育てだけでなく、介護もする時代。家族が積極的に、ときには家事のプロも参加しやすい仕組みを取り入れましょう。
続きを読む
リノベーション シニア夫婦が快適に暮らすためのマンションリノベとは?
文/志田茂
老後も楽しく元気に暮らしたいなら、住まいはどのように「更新」したら良いのでしょうか?マンションリフォームの一歩先の方法として、シニア世代の夫婦が「リノベーション」をする際に考えておきたいことをご紹介します。
続きを読む
小さな家をつくる時に知っておきたいこと
文/志田茂
小さな家で充実した暮らしを実現することは可能です。そのために知っておきたい心構えと、家づくりのテクニックをご紹介します。
続きを読む
日本 丘の上から駿河湾を見下ろす、シニアライフを見据えた家
文/永松典子
掃除のしやすさや安全性など将来の暮らしに配慮しながら、景色と木の美しさを最大限活かして落ち着いた雰囲気をつくりだした家をご紹介します。
続きを読む
植物 お手入れが楽な庭をつくるには?
文/藤山佳織
忙しいと、ついつい後回しになってしまう庭のお手入れ。育てやすい植物や、水まきのアイテムなど、お手入れを少しでも楽にするためのアイデアをご紹介します。
続きを読む
新築 建築家とともに「好き」を形に。心地よさをつくる中庭のある家
自分たちの「好きな家」を徹底的に考えたオーナー夫妻が、希望をリストに落とし込むところから始まった家づくり。建築家と一緒に、息の合った連携で作り上げた家とは?
続きを読む
素材 少しの和をプラスして、洗練された心地よい家を作る5つのアイデア
おしゃれなホテルやカフェの和モダンな空間のように、 日本人にとってなじみのある要素を家づくりにも取り入れてみましょう。
続きを読む
リフォーム・リノベーションのヒント 家が片付かないなら、片付くようにリノベーションしよう
文/志田茂
注目を集める「片付け」や「断捨離」。でも、片付けても思ったように「素敵な暮らし」になっていない、ときめかない。そんな人もいるのではないかと思います。その理由は、その家がそもそも片付くように作られていないからなのです。
続きを読む
建築・デザイン ストレスを和らげる住まいづくり。「ウェルネス・デザイン」とは?
心を落ち着けてくれる色、素材、デザインを取り入れた、心身ともにリラックスできるインテリアが注目を集めています。
続きを読む