コメント

おすすめの記事

北米 (アメリカ・カナダ) フランク・ロイド・ライトが息子夫婦のために設計した「らせん形の家」
フランク・ロイド・ライトが息子夫婦のために建てた住宅。グッゲンハイム美術館の前身ともいえるらせん形の住宅は、あやうく解体される事態を逃れ、今もその姿をとどめています。
続きを読む
北米 (アメリカ・カナダ) フランク・ロイド・ライトの「プレーリー住宅」の住み心地とは?
文/Becky Harris
名作プレーリー住宅《ブース邸》に50年間住み続けた女性が振り返る、ライト設計の住宅の住み心地とは?
続きを読む
建築・デザイン フランク・ロイド・ライトが日本の住宅建築に与えた大きな影響とは?【Part 1】
20世紀初頭に帝国ホテルの設計のために来日し、日本の若き建築家たちに多大な影響を与えたフランク・ロイド・ライト。大型の公共建築にとどまらず、住宅デザインにおいても、現在に至るまで、ライトの影響は力強く息づいています。
続きを読む
名作住宅 フランク・ロイド・ライト生誕150周年! 記念イベントがアメリカ各地で開催に
文/Anne Colby
アメリカが誇る、20世紀最高の建築家の1人、フランク・ロイド・ライト。6月8日の生誕150周年を記念して、全米各地の美術館やライト建築で、重要なイベントが開催されます。
続きを読む
北米 (アメリカ・カナダ) フランク・ロイド・ライトの「ユーソニアン住宅」の傑作《ローゼンバウム邸》
巨匠建築家ライトは生涯にわたり小規模な住宅も手がけ続け、優れた作品を生み出した。今回は、中流階級のために考案したユーソニアン住宅の傑作をご紹介します。
続きを読む
ライフスタイル 室内を涼しく快適にするために実践したい、15の工夫とは?
エアコンのかけすぎは体にもよくありません。以下の方法を使えば、家に普通にあるモノを使って、真夏でも家の中で涼しく過ごせます。
続きを読む
建築・デザイン 絶対に知っておきたい名作モダン住宅:フランク・ロイド・ライトの落水荘
「史上最高のアメリカ建築」といわれる、フランク・ロイド・ライトの代表作〈落水荘〉の魅力とは?
続きを読む
日本 東西の建築文化を見事に融合させた、レーモンド設計《旧イタリア大使館別荘》
帝国ホテルの設計に際しフランク・ロイド・ライトの右腕として来日したのをきっかけに、多くの日本人建築家に影響を与えたレーモンド。日光・中禅寺湖畔にたたずむ、彼の住宅作品の名作の1つ《旧イタリア大使館別荘》をご紹介します。
続きを読む
建築・デザイン フランク・ロイド・ライトの事務所兼自邸「タリアセン」
1911年、欧州から戻ったフランク・ロイド・ライトは、ウィスコンシン州の田園地帯に新しい自宅兼事務所、タリアセンを建設。文化人の「田園の社交場」となったこの場所から、落水荘やグッゲンハイム美術館など、数々の名作が生まれました。
続きを読む