コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
Office K [オフィスK]

エコな家はこれから必須ですよね。

先日ブログにも書いたのですが、戸建に関する工務店の説明会に参加したのですけれど、2020年から全ての新築住宅に省エネ基準への適合が義務づけられる為、今建てるならもうその基準を満たしておく方が良い、というお話でした。

お書きになっていらっしゃるように、建てるのにお金が少し余計にかかりますが、その分ランニングコストが安くなるだけでなく、温度差を無くす事で健康にも良く医療費も削減出来るという利点があります。

何より、夏涼しく、冬暖かい家は過ごし易いのが何よりだと思います。

今はマンション住まいですけれど、戸建てに今後住む事になったら、迷わず基準以上のエコハウスに住みたいと思っています。

「いいね!」 10 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
shoko_0505

エコな家を建てたいと考えていたので非常に良い情報でした。

「いいね!」 2 件    

おすすめの記事

Houzzツアー My Houzz:キッチンが主役。コンパクトなワンルームに家族で住まう
文/Yu Ebihara
築42年のビンテージマンションをリノベーション。3人家族が住まう居心地のよいコンパクトな家が実現しました。
続きを読む
建築・デザイン すぐれた建築家が必ず実践している設計における8つの習慣とは?
よい建築家は物語を紡ぎ、センスを大切にしながらデザインする。ルールを知りぬき、 それを破るべきときも知っている――すぐれた建築家の設計をめぐる習慣とは?
続きを読む
防災 命と資産を守る「地震に強い家づくり」とは?
地震国の日本では、防災は常に意識しなければならないこと。補強やリフォーム、新築のときには、地震に強い家づくりを検討することが大切です。
続きを読む
エコ・サステナブル Houzzツアー:パッシブデザインで実現した、自然と寄り添う快適な暮らし
文/Nayo Suzuki
自然エネルギーの恵みを住宅に上手に取り入れた結果、部屋の温度差が少なく、身体にも環境にも優しい、心地よい家ができました。
続きを読む
エコ・サステナブル 冷暖房費をぐっと減らせる省エネの家「パッシブハウスの五原則」とは?
冷暖房をそれほど使わなくても、夏も冬も快適な家がつくれるとしたら? ドイツで生まれた「パッシブハウス」は省エネで快適な家づくりを目指すメソッド。ヨーロッパはもちろん、オセアニアやアジアでも注目が高まっています。
続きを読む
新築 Houzzツアー:時に明るく、時にほの暗く。“場” に合った開口がつくり出す光を楽しむ家
文/Taeko Ishii
豊かな自然と響き合う、自然光の陰影が美しい室内。場にふさわしい窓をしつらえて光を導き、住まいの中にいくつもの異なる表情を与えた、心地よい静けさの家。
続きを読む
建築・デザイン 世界のHouzzから:木の豊かな可能性を示すイノベーティブな木造住宅 9選
木造といえば伝統建築と思っていませんか? 世界各地で、 木材のすぐれた性質を生かしたイノベーションにあふれる現代的木造住宅が誕生しています。
続きを読む
リフォーム・リノベーション Houzzツアー:30代夫婦の賢い選択、自分たちらしく暮らすためのリノベーション
文/Nayo Suzuki
子育て世代が住まいを選ぶとき、中古マンションのリノベーションは有力な選択肢。今の暮らしの利便性、子供の成長を見越した間取り、ディテールのこだわりもかなえて大満足という、この一家の場合は?
続きを読む
ニュース・トレンド 名作住宅:コルビュジエに消されかけた女性建築家、グレイの傑作《E1027》
文/Kate Burt
コルビュジエとの確執から一時は建築史から消されかけたアイリーン・グレイ。彼女を正しく再評価する2本の映画が制作され、名作住宅《E1027》がたどった数奇な運命の真相を描き出している。
続きを読む