コメント

おすすめの記事

建築・デザイン すぐれた建築家が必ず実践している設計における8つの習慣とは?
よい建築家は物語を紡ぎ、センスを大切にしながらデザインする。ルールを知りぬき、 それを破るべきときも知っている――すぐれた建築家の設計をめぐる習慣とは?
続きを読む
インテリア 室内の仕切りに引き戸を使うべき5つの理由
文/Liz Durnan
美しく、フレキシブルで機能的。使いやすい室内空間をつくるなら、仕切り扉は引戸がベストの選択肢かもしれません!
続きを読む
日本 海外からも注目度大。自邸に木と和の装いを取り入れてみませんか?
木を使った日本建築の良さの中に現代的な要素をエッセンスを加えてみませんか? 純和風の家はちょっと難しいと考える人にすすめたい、モダンジャパニーズの家づくりのアイデアです。
続きを読む
インテリア 肌に心地よく、目にも楽しめる、最適なフローリング材を選ぼう
文/Taeko Ishii
フローリングは、材料となる木の樹種はもちろん、製法や仕上げ、材の幅や張り方など、実に多くの種類があります。それぞれの特徴を知って、最適なタイプを選びましょう。
続きを読む
日本 Houzzツアー:左官壁や床に歴史が漂う、京都の町家再生プロジェクト
文/Miki Anzai
築100年の京町家を左官職人出身の建築家が再建し、日本文学研究者のセカンドハウスに。新旧の素材を組み合わせ、建物の歴史を浮かび上がらせた美しい家。
続きを読む
日本 Houzzツアー:30代夫婦の賢い選択、自分たちらしく暮らすためのリノベーション
文/Nayo Suzuki
子育て世代が住まいを選ぶとき、中古マンションのリノベーションは有力な選択肢。今の暮らしの利便性、子供の成長を見越した間取り、ディテールのこだわりもかなえて大満足という、この一家の場合は?
続きを読む
日本 Houzzツアー:京都・歴史街道沿いの築100年の古民家を、重厚な和モダン住宅に
文/Miki Anzai
歴史ある西国街道に面し、1世紀以上の時を刻む木造家屋の実家を、建築家が両親と家族のためにリノベーション。旧家の趣と職人の技をモダンに取り入れた家と、風情のある庭のハーモニー。
続きを読む
日本 名作住宅:住む人とともに育つ家と庭。建築家阿部勤さん自邸「中心のある家」をたずねて
文/柴田直美
豊かな歴史を刻みつつ、育つ家。「ペニンシュラキッチン」が生まれた家。中心のある、曼荼羅のような家。暮らしや人間とは何かを考え抜いてつくられた家。多様な魅力にあふれる名作住宅をたずねました。
続きを読む
和室の記事 機能美を兼ね備え、次世代へと進化する「和室」
畳、襖、押入れなど、現代的で機能もすぐれた和室のしつらえが日本のみならず海外でも注目されています。和室のデザインの参考にしてみてください。
続きを読む