コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
Taki Yamauchi

やはり本物の木は素晴らしい。 景観、感触、香り、その他色々と憧れます。

家を建てた時は天井に木を貼りたいとか、表し柱にしたいとか、外壁の一部をアクセントで本物の木を使いたいとか...色々とアイデアあったのですが、現実は結局火災保険の割引が無効になるんで木に関するアイデアは全てキャンセルしました。

木の柄が印刷されたクロスはその出来栄えも素晴らしかったのですがやっぱり違うだろと和室の天井も他の天井と一緒のクロスで統一。やらない時は全くやらない決心も大切かと。

「いいね!」 3 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
anteriors furniture アンテリアス・ファニチャー

現在自宅の新築を建設中。
無添加住宅を販売しているさつまホームさんにお願いしました。
無垢財と漆喰のおうち。
住宅も私が使う楽器も、樹には大変お世話になっております。

I am building new my house made of wood and Japanse SHIKKUI plaster.

All of my musical instruments also made of wood.

Thank you for sharing this post.

「いいね!」 3 件    

おすすめの記事

建築・デザイン 世界に広がる日本の伝統的外装材「焼杉」の魅力
杉の表面を炭化させる日本の伝統的外壁材「焼杉」。耐久性・耐候性の高さとインパクトのある色と質感に、欧米からの人気も高い外装材です。
続きを読む
素材 見ても触れても味わえる木の家の風合い。優れた建築材料、木材の話
文/福住敏昭
日本の建築材料として古くから使われている木材の魅力を、改めておさらいしてみましょう。
続きを読む
建築・デザイン 日本の伝統的住宅の12の基本的な特徴とは?
日本で育ち、現在はロサンゼルスで暮らすアメリカ人ライターが、日本の伝統的住宅の基本的な特徴である12のポイントを解説します。あらためてなるほど、と思うこともあるかもしれません!
続きを読む
その他のスペースの記事 土間は万能空間
文/Naoko Endo
日本の伝統的な住まいでは、「土間」は玄関、炊事場、裏口、通路など、さまざまな空間で利用されてきました。その使い勝手のよさから、最近は一戸建て、マンションを問わず、新しい形で活用されています。現代の住まいに取り入れられた事例から、「土間」の万能性を改めてとらえ直します。
続きを読む
建築・デザイン 「左官壁」という芸術:左官職人久住有生氏インタビュー
文/Naoko Endo
多彩な色、装飾、質感をもつ日本の「左官壁」は、単なる「土壁」を超える、芸術的な壁であり、長く厳しい修業のたまものだ。国内はもちろん海外でも活躍する左官職人・久住有生氏に、左官壁の美とそれを生み出す伝統の技について語ってもらった。
続きを読む
建築・デザイン 日本の左官壁〜人の手がつくり出す多彩な世界
文/Naoko Endo
日本の職人ならではの温かみと風合が感じられる「左官壁」。Houzzに掲載されたさまざまなプロジェクトを通じて、調湿などの機能も備えながら、多彩な美しさをみせる塗り壁事例の数々を紹介します。
続きを読む
日本 Houzzツアー:150年を経た民家を生まれ変わらせるリノベーション「湯沢の住宅」
文/Tetsu Takeba
永く家族を育んできた民家に、現代的な性能と意匠を与えて蘇らせる再生手法をご紹介します。
続きを読む
ニュース 名作住宅:コルビュジエに消されかけた女性建築家、グレイの傑作《E1027》
文/Kate Burt
コルビュジエとの確執から一時は建築史から消されかけたアイリーン・グレイ。彼女を正しく再評価する2本の映画が制作され、名作住宅《E1027》がたどった数奇な運命の真相を描き出している。
続きを読む
日本 Houzzツアー:可動収納と引き戸で自由にスペースを区切る、家族の成長に寄り添う家
文/Taeko Ishii
4LDKからワンルームにリノベーション。この家にはもうひとつ興味深い仕掛けが。将来の家族構成やライフスタイルの変化にもフレキシブルに対応できる、「動かせる間仕切り」です。
続きを読む