コメント (6)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
Junko Kawakami

その土地の気候やさまざまな条件によって建築も変わってくると思います。谷尻さんの住宅は、どれもその敷地と立地とクライアントの希望から導かれた結果ですよね。

「いいね!」 3 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
furukawa

素人ながら記事とコメント、興味深く読みました。偉そうなことは言えないのですが、住まいの在り方は施主の方が住んでいる地域の気候や暮らしぶり、好みなどいろいろな要素を考慮して決まっていくのだなあと改めて思いました。例えば沖縄で暮らす方が望むものは、首都圏に住んでいる方、あるいは北国の方が望むものとは全然違うのでしょうし。

突然の投稿、失礼しました。

「いいね!」 4 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
石川聖倖
初めて投稿します。

ど素人ですが現在小さい家を建てようとしているシングルマザーです。
家を建てるとは自分と向き合うこと
そう感じながらいますが建築会社の方と自分の概念に隔たりを感じたりもします。
自分の人生観をいかに理解していただくか?
何か伝えやすいツールはないか?と思いこのサイトに辿り着きました。

「水と火があればキッチンになる」
シンプルな中にも真髄を得た表現に無限の可能性を感じました。
プロの方の「人間の本質」を捉える視点での家創りはど素人には心強く、また自分を掘り下げる意味でも刺激になります。

素晴らしい記事に感謝申し上げます。
   

おすすめの記事

建築・デザイン デザイナー原研哉さんが考える「これからのキッチン」とは?
キッチンは調理のための作業場から「暮らしのへそ」になっていく――さまざまなプロジェクトを通して住まいを考えつづけてきた原研哉さんに、「これからのキッチン」についてお話をうかがいました。
続きを読む
建築・デザイン 「左官壁」という芸術:左官職人久住有生氏インタビュー
文/Naoko Endo
多彩な色、装飾、質感をもつ日本の「左官壁」は、単なる「土壁」を超える、芸術的な壁であり、長く厳しい修業のたまものだ。国内はもちろん海外でも活躍する左官職人・久住有生氏に、左官壁の美とそれを生み出す伝統の技について語ってもらった。
続きを読む
外観 内と外の世界を緩やかにつなぐ、ニッポンの縁側
文/Naoko Endo
文字通り家の縁(ふち)にあって、内部でありながら外部のような。誰のものでもないのに個室のような居心地が良い、そんな縁側の魅力と不思議。
続きを読む
建築・デザイン 世界に広がる日本の伝統的外装材「焼杉」の魅力
杉の表面を炭化させる日本の伝統的外壁材「焼杉」。耐久性・耐候性の高さとインパクトのある色と質感に、欧米からの人気も高い外装材です。
続きを読む
ニュース 「”キッチンで暮らす”施工事例コンテスト」審査員賞・審査員特別賞発表!
文/Houzz Japan
Houzz上で開催されたリクシル「”キッチンで暮らす”施工事例コンテスト」の審査委員賞が発表に。審査委員会のレポートとともにお届けします。
続きを読む
建築・デザイン 2016年プリツカー賞を受賞した、チリの建築家、アレハンドロ・アラヴェナの建築とは?
建築界最高の賞といわれるプリツカー賞。2016年はアレハンドロ・アラヴェナが受賞しました。アラヴェナが長年取り組んできた、人々と社会のための建築とは?
続きを読む
建築・デザイン 日本の左官壁〜人の手がつくり出す多彩な世界
文/Naoko Endo
日本の職人ならではの温かみと風合が感じられる「左官壁」。Houzzに掲載されたさまざまなプロジェクトを通じて、調湿などの機能も備えながら、多彩な美しさをみせる塗り壁事例の数々を紹介します。
続きを読む
建築・デザイン 絶対に知っておきたい名作モダン住宅:イームズ邸
文/John Hill
イームズ夫妻の自邸兼アトリエは、カラフルで活気あふれるスタイルで、モダニズムのステレオタイプを打ち破りました。20世紀で最も重要なデザイナー夫妻の個性をあますところなく表現した住宅をご紹介します。
続きを読む
スタイル別 ミッドセンチュリーモダンデザインに見る、日本の「わび・さび」の美
日本の陶芸家の元で「わび・さび」を学んだアメリカ人の住宅のプロが、ミッドセンチュリーモダンデザインに見出したわび・さびの美とは?
続きを読む