コメント
おすすめの記事
日本 Houzzツアー:ぬくもりのある空間を内に秘めた「大きなテラスの小さな家」
文/Naoko Endo
大きなテラスから風と光をとりいれつつ、プライバシーもしっかり確保し、室内は人のぬくもりを感じさせるしつらえを実現した、居心地のよい家をご紹介します。
続きを読む 1
新築 Houzzツアー:自然と響き合い、そよ風が通り抜ける、7つのテラスのある家
文/Miki Anzai
絶景を一望できる開放的な窓、外階段でつながった上下階、7つのテラスが組み込まれたゆったりとした空間。周囲の自然環境と響き合う、おおらかな表情の家。
続きを読む 2
ニュース・トレンド 名作住宅:コルビュジエに消されかけた女性建築家、グレイの傑作《E1027》
文/Kate Burt
コルビュジエとの確執から一時は建築史から消されかけたアイリーン・グレイ。彼女を正しく再評価する2本の映画が制作され、名作住宅《E1027》がたどった数奇な運命の真相を描き出している。
続きを読む 2
建築・デザイン 内と外の世界を緩やかにつなぐ、ニッポンの縁側
文/Naoko Endo
文字通り家の縁(ふち)にあって、内部でありながら外部のような。誰のものでもないのに個室のような居心地が良い、そんな縁側の魅力と不思議。
続きを読む 1
ニュース・トレンド ハウズ日本版が1周年を迎えました!
文/Houzz Japan
住まいと暮らしの楽しさと豊かさを追求するハウズの特集記事について、キーワードをご紹介しながら、あらためてご案内します。
続きを読む 3
建築・デザイン 世界のHouzzから:日本的感性を象徴する「茶室」の伝統と革新性
茶道とともに成立し500年にわたり発展してきた茶室。茶聖・千利休が伝統建築を革新して生まれた茶室は、今も「利休の精神」により革新され続け、新しい表現を生み出し続けている建築形式です。
続きを読む 2
名作住宅 Houzzツアー:父から子へ、ミッドセンチュリーの名建築家の家を住み継ぐ、美しいリノベーション
文/Julie Sheer
アメリカ北西部のモダニズム建築を代表する名建築家、ピエトロ・ベルーシ。彼が設計し、自らも晩年を過ごした家を、建築家となった息子が美しくリノベーションをして住み継いでいます。
続きを読む
建築・デザイン 昔ながらの日本の素材「焼杉」で、黒くモダンな板張りの家を
主に西日本で使われてきた伝統的な外壁素材の「焼杉」。そのすぐれた防火性や調湿性から、最近はモダンなデザインの住宅にとりいれられています。
続きを読む
Houzzツアー 名作建築:コルビュジエの集合住宅〈ユニテ・ダビタシオン〉の住み心地
世界遺産にも指定された、コルビュジエの集合住宅の傑作、〈ユニテ・ダビタシオン〉。南仏、マルセイユにあるこの住宅に惚れ込み、37平方メートルの部屋を手に入れたカップルの快適な暮らしをHouzzフランス編集部が取材しました。
続きを読む