コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
澤山乃莉子デザイン NSDA LONDON

この度はロンドンでのプロジェクトを取り上げていただきありがとうございます。(最後の写真)http://www.houzz.jp/projects/1342062
和のエレメントを洋空間にどのように融合するかは私にとって常に大切なテーマです。
和の美しさは英国でも受け入れられています。

「いいね!」 4 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
片岸 千代子

素敵なお仕事、そして魅力的なテーマですね!和の良さ美しさが海外の方々にもっと認知されることを祈っています。これからも、よろしくお願いします。

「いいね!」 2 件    

おすすめの記事

ヨーロッパ (北欧以外) My Houzz:日本の伝統工芸品とヴィクトリア様式の空間が出会った、ロンドンのエクレクティックなインテリア
文/Nayo Suzuki
ヴィクトリア時代の小学校をリノベーションした家に、和の伝統工芸などのアート要素をハイセンスにミックス。エクレクティックスタイルの真髄を見せてくれる、インテリアデザイナーの住まい。
続きを読む
ライフスタイル 北欧と日本の魅力を兼ね備えた「ジャパノルディック」とは?
文/Sara Norrman
注目を集める「ジャパノルディック」デザイン。デンマークと日本の両方で活躍する3人のデザイン専門家に、両国の知られざる「熱い関係」を取材しました。
続きを読む
建築・デザイン 世界のHouzzから:日本的感性を象徴する「茶室」の伝統と革新性
茶道とともに成立し500年にわたり発展してきた茶室。茶聖・千利休が伝統建築を革新して生まれた茶室は、今も「利休の精神」により革新され続け、新しい表現を生み出し続けている建築形式です。
続きを読む
建築・デザイン デザイナー原研哉さんが考える「これからのキッチン」とは?
キッチンは調理のための作業場から「暮らしのへそ」になっていく――さまざまなプロジェクトを通して住まいを考えつづけてきた原研哉さんに、「これからのキッチン」についてお話をうかがいました。
続きを読む
オセアニア わずか13㎡のヴィンテージアパートをリノベーション。若手男性建築家のミニマリストな暮らし
文/Joanna Tovia
歴史遺産にもなっているメルボルンのアパートを購入した20代の建築家。造作家具やカーテンを使って、13平方メートルという面積を最大限に活用しています。
続きを読む
ニュース ハウズ日本版が1周年を迎えました!
文/Houzz Japan
住まいと暮らしの楽しさと豊かさを追求するハウズの特集記事について、キーワードをご紹介しながら、あらためてご案内します。
続きを読む
家具 ベッドの足元に置くアイテムとその活用法
ベッドの足元に、何か家具を置いていますか? スペースの都合で、そこまではしていない……という人も多いかもしれません。でも、足元に家具を置くメリットは実はたくさんあります。だからこそ、これだけのバリエーションがあるのですね。
続きを読む
日本 Houzzツアー:和紙に包まれた、美しく年を重ねる家
文/Miki Anzai
ご実家の離れを、新婚夫婦のライフスタイルに合うようリノベーション。和紙や木や石、日本建築の魅力を生かした美しい家。
続きを読む
建築・デザイン 「左官壁」という芸術:左官職人久住有生氏インタビュー
文/Naoko Endo
多彩な色、装飾、質感をもつ日本の「左官壁」は、単なる「土壁」を超える、芸術的な壁であり、長く厳しい修業のたまものだ。国内はもちろん海外でも活躍する左官職人・久住有生氏に、左官壁の美とそれを生み出す伝統の技について語ってもらった。
続きを読む