コメント (1)
ご報告いただきありがとうございました。 元に戻す
安田貴

小さな家には学ぶべきスタイルがある

「いいね!」1 件    

おすすめの記事

寝室の記事 壁面収納式で、省スペース!ウォールベッドについて知っておくべきこと
壁面収納式の「ウォールベッド」をご存知ですか?その魅力について詳しくご紹介します。
続きを読む
フランス リノベーションによって生まれ変わった、パリの小さなワンルーム
長い間使われていなかった暗いコンシェルジュ用の部屋が、スカンジナビア風のデザインと独創的なレイアウト変更によって、明るい空間に生まれ変わりました。
続きを読む
Houzzツアー (お宅紹介) 低予算で期間限定。建築家が建てた「仮住まいの自邸」
低予算で期間限定、用途の変更可。家族で暮らす建築家の9坪の平屋には、新しい住まいのヒントがつまっています。
続きを読む
Houzzツアー (お宅紹介) 用途を決めない空間を楽しむ「家具のような」狭小住宅
都心ならではの生活スタイルを見極めて、心地よく豊かに過ごせる空間がつづく家をご紹介します。
続きを読む
家づくりのヒント 光がたっぷり入る、明るい狭小住宅をつくるには?
文/藤間紗花
狭小住宅でも、光がたっぷり入る明るい住まいにしたい。そんな願いを叶えるためにはどうすればいいのでしょうか。狭小住宅をつくることに長けた、4人の専門家に聞きました。
続きを読む
Houzzツアー (お宅紹介) 多機能な「棚階段」が楽しい、家族のための狭小住宅
住宅密集地の中にある、間口3.74mの狭小地に工夫を凝らして建てられた家。室内をまるで1本の木のように貫く「棚階段」は階段であり、収納であり、家族の憩いの場でもあります。
続きを読む
家づくりのヒント 小さな家をつくる時に知っておきたいこと
文/志田茂
小さな家で充実した暮らしを実現することは可能です。そのために知っておきたい心構えと、家づくりのテクニックをご紹介します。
続きを読む
Houzzツアー (お宅紹介) 木と漆喰の心地よさに守られて。匠の技が光る小さな家
日本の伝統的な家づくりの技術でつくられた、都内の一人暮らしの家。自然素材が使われた、ほっとする空間には、風が気持ちよく通り抜けていました。
続きを読む
Houzzツアー (お宅紹介) 3.3m×9mの狭小地に挑んだ、デザイン力と素材選びが際立つ建築家の自邸
下町の風情ある景色を窓やルーフテラスで上手に取り入れ、延床面積70平米のコンパクトサイズながら光が行き届き、夏も冬も快適に過ごせる環境を実現した住まい。
続きを読む
Houzzツアー (お宅紹介) 都心の高台にたたずむ、眺めのいい一人暮らしの家
ケヤキの木の緑に癒される、まるで都会の隠れ家のような小さな家。そこは、余計なものはないけれど、これでなければならない、唯一無二の拠点でした。
続きを読む