コメント (1)
ご報告いただきありがとうございました。 元に戻す
PRO
Office K [オフィスK]

Indeed. As Marie-Pierre Ayoul Decorative painting wrote, some damages are able to be recovered by professional skills.

Some of my clients need such repair, I introduce a skillful craftsman who can recover such damage so that the clients do not have to replace all the floor or furniture, though it depends on the size of the damaged areas.

The cost is pretty fair compared to the full replacement. So, my clients are happy to the results.

Marie-Pierre Ayoul Decorative paintingさんがお書きの通り、技術のある業者さんにお願いする事でキズ等を綺麗に補修して床や家具を取り替える必要が無く済ませる事が出来ます。

面積にも依るのですが、ある程度の大きさまでであれば結構な補修が可能です。

費用は全交換に比べれば、かなり割安になります。その結果、お客様には喜んでいただいています。

「いいね!」1 件    

おすすめの記事

トレンド 2023年のインテリアトレンド10選【メゾン・エ・オブジェ2022年9月展】レポート
インテリアの「パリコレ」とも称される国際見本市で見つけた家具、素材、パターンのトレンドをご紹介します。
続きを読む
トレンド 最新トレンドカラー【メゾン・エ・オブジェ2022年9月展】報告
文/Claire Tardy
微妙な色合いの翡翠色、淡いピンクやベージュ、そして紫とオレンジのカラーブロッキングが、現在の困難な時代に求められています。
続きを読む
トレンド 【メゾン・エ・オブジェ 2022年秋】トレンド予測の専門家が語る、最新トレンド と来年の予測
文/Elen Pouhaer
今年のメゾン・エ・オブジェ国際見本市で「What’s New」エリアの展示を手がけたトレンド予測の専門家エリザベス・ルリッシュとフランソワ・ベルナールに、Houzzフランス語版チームが取材をしました。
続きを読む
Houzzがきっかけの家(国内) 家族で自然を満喫。極上の浴室と広々としたデッキを備えた軽井沢の別荘
文/Miki Anzai
3人の子供たちの成長期に家族で軽井沢ライフを楽しむため、オーナーは時間のかかる土地探し&新築計画を見直し、中古物件を購入。Houzzで見つけた長野県の建築家に改修を依頼して、飛躍的に自然とのつながりが感じられる住まいに変身させました。
続きを読む
建築 自然と住まいをつなぐ、モダニズム建築の手法とは?
住まいとまわりの風景を、どのように融合させれば、より快適に暮らすことができるのでしょうか?
続きを読む
トレンド 2022年上半期によく保存された記事から、Houzzのユーザーの需要を知ろう
文/Miki Anzai
Houzzのユーザーの多くが「アイデアブック」に保存した記事から、現在の住まい手のニーズを導き出しました。
続きを読む
レジリエンス Houzzを活用し、テレワーク中もビジネスにプラスをもたらす方法
Houzzを上手く利用して、どこからでも顧客とやりとりをしながら、仕事を進めましょう。
続きを読む
Houzz活用術 住宅施工業者、必見!効果的な自己紹介・会社紹介の書き方
文/Houzz Japan
インターネット上で会社のブランド力を高める方法として、効果的な自己紹介と会社紹介の書き方をご紹介します。
続きを読む
トレンド 北欧で見つけた5つの最新トレンド【3デイズ・オブ・デザイン2022】
デンマークの首都・コペンハーゲンで開催されたデザイン・イベントでは、古典的デザインから最新トレンドまで、さまざまなインテリアのデザインが展示されました。
続きを読む
トレンド 2022年夏・下半期の住まいのトレンドは?Houzzのユーザー動向から読み解く
文/Miki Anzai
Houzzのユーザー動向から、今夏以降に求められるインテリア・デザインの方向性を導き出してみました。
続きを読む