コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
いなかよ

九州です。

高層階の場合普段から風は強いのですが、特に台風の時、バルコニーの家具を全て室内に戻さなければとても危険です。以前ルーフバルコニーの人工芝がすべてめくりあがり、ガーデンセットが手すりを直撃し破壊したことがあります。幸いにも落下はしませんでしたが、もし落下していたらと恐ろしく、以後ガーデン台風の前に全て室内に戻せる程度のものにしています。

手すり部分に木製の目隠しも考えましたが、それも風に持っていかれる可能性が高いので施工不可と言われました。

今後ますます巨大化する台風の強風のことをよく考えて設計する必要があると思います。

「いいね!」 3 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
天工舎一級建築士事務所

ご意見・ご感想いただき、ありがとうございます。

今回のコラムは、2階建ての一戸建て住宅、あるいは3階建て程度の一戸建て住宅を想定して書かせていただきましたが、ご指摘の通り4階5階建て住宅も有ると思いますので、風に対する配慮は大切ですね。またロケーションによっては、風の強い沿岸部や高台などに建てるケースもありますので注意が必要です。

参考までに補足させていただくと、今回のコラムは高層マンションなどの建物を想定しておりませんでした。そもそも分譲あるいは賃貸のマンション(基準法上、共同住宅と定義される建物)のバルコニーは、占有部では無く共用部として扱われるため、植栽をはじめとした樹木の設置や机・テーブルなどの設置は認められていないことが多いからです。

とくに二方向避難路として扱われている際には、管理規約における美観上の問題だけではなく、基準法・消防法上の安全確保と言う点においても適切では無いため、注意が必要です。

手摺部に目隠しを施す際にも、お住まいの建物がマンションでしたら、後々のトラブルを避けるためにも、管理組合・管理会社さんと御相談されてから工事されることを、お薦めします。ご意見ありがとうございました。

「いいね!」1 件    

おすすめの記事

エクステリア 内と外の中間領域、縁側
文/安井俊夫
気候のよい時期は、縁側でのんびりしたいと考えている方もいるかもしれませんね。縁側を取り入れたいと思ったら、知っておきたいことをご紹介します。
続きを読む
防災 災害に強い住まいづくりで知っておきたい基本ポイント
家づくりをする際には、地震だけではなく、水害リスクもふまえなくてはいけません。専門家ではない私たちが知っておくべきこととは?
続きを読む
玄関の記事 帰宅後すぐに手洗い!玄関につくる洗面コーナーのアイデア
手洗い意識の高まりを受け、玄関にも洗面台を設ける家づくりが注目を集めています。どんなデザインや取り入れ方ができそうか、Houzzの事例写真からアイデアをみてみましょう。
続きを読む
窓まわり ガラスでゆるやかに間仕切る。室内窓のある開放的な住まいの事例集
文/藤間紗花
解放的で、家族がお互いの存在を感じられる住まいにしたいけれど、仕事や勉強のことを考えれば、集中できるプライベートなスペースも必要。それなら、室内窓を間仕切りに採用してみてはいかがでしょうか?
続きを読む
キッチンの記事 アイランドキッチンと、キッチンデザインの未来とは?
なぜアイランドキッチンが脚光を浴び続けるのか?キッチンデザインはどこに向かっているのか?北欧のキッチンデザインの専門家たちに、3つのポイントに着目しながら聞きました。
続きを読む
リフォーム・リノベーションのヒント 自宅のリフォーム・リノベーションを進める前に考えるべきこと
情報が溢れている現在、どの会社に依頼すべきか迷う人も多くいます。この記事では家を購入して10年、20年後に出てくる悩みを中心に、専門家の選び方をご紹介します。
続きを読む
エクステリア バルコニーとベランダ。テラスとパティオ。その違いとは?
文/安井俊夫
ベランダとバルコニー、テラスにパティオ。何気なく使っている名称ですが、意味を間違って思えていませんか?それぞれの意味するところを、あらためてご説明します。
続きを読む
インテリア ダークな木の色をインテリアに取り入れる7つの方法
ダークブラウンの木の色が生み出す、深みのあるコンテンポラリーなインテリア。その事例をご紹介します。
続きを読む
インテリア 自宅で使えるハンモックの種類と上手な取り入れ方
文/藤間紗花
ハンモックにも種類があるのをご存知ですか?室内に取り入れられるハンモックの種類と設置方法を、実際のインテリア事例写真とともにご紹介します。
続きを読む
外観 住まいをさりげなく守る、軒と庇
文/安井俊夫
軒と庇。その存在は知っていても、違いも分からないし、よく考えたこともないという方は、意外と多いかもしれません。ですが住宅を住みやすくするためには、そのどちらの存在も意外と大切です。そんな軒と庇の役割や違いについて、お話します。
続きを読む