コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 元に戻す
PRO
(有)田中機販

素敵なアドバイスですね。庇の出っ張りが少ない今の住宅は外壁が風雨にさらされて昨今の気象変動で外壁は過酷な環境です。凸凹の大い壁は湿気・カビ・苔・河川の側なら藻が付着します。庇を出せるなら1.5mは出したいですね。窓周辺の耐久性もUPしますね。シリコンコーキング材も8~10年では交換したいですね。お薦めは変性シリコンがいいですね。黙ってい業者に任せると耐久性・塗膜のノリが悪いコーキング材を使われますから注意ですね。外壁仕上げ材も一工夫して引き渡し後自分なりの新しい塗材を再施工してもいいのでは?建設会社と打ち合わせして新材料で外壁を仕上げるのが理想ですが。どうでしょうか?従来通りの塗材で完成させるか?いやいや、新しい塗材に変えるだけで耐久年数がUPしたらどうでしょうか。


家も車の様に、これからは考え方変えていいんじゃないでしょうか?

新車を購入してガラスコーティングして納車した車とそうでない場合維持管理考えたらどうでしょうか?家も同じですね。エントランス周りも人手間かけて維持管理しやすくしていく新しい材料が有るんじゃないかな?コンクリートの壁も駐車場も仕上げは素地のままです。最悪は引き渡しの時にコンクリートを酸洗いしてコンクリートを痛めて引き渡しと言うのが全てです。引き渡し時にコンクリートは中性化をさせてから引き渡されています。これが業界の悪しき習慣です。考えませんか?

「いいね!」 5 件    
ご報告いただきありがとうございました。 元に戻す
PRO
天工舎一級建築士事務所

貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。安いことが悪くて、高いことが良いと思っているわけではありませんが、なにもかもを安くすることが最優先という考え方には疑問を感じています。また一度建ててしまった家を、自分で手入れする習慣が無くなってしまった、あるいは少なくなってしまったことも残念に思っています。昔は何処の家にも、それなりの工具があり、お父さんが棚を造ってみたり、塀のペンキを塗ったりしていたというイメージがあります。ですが今は少し違う感じになっています。外壁だけにこだわりませんが、出来ればもう少しだけ、自分の家を自分でケアすることも必要かもしれませんね。RCの外壁に関しても、少し勉強してみたいと思います。

「いいね!」 2 件    

おすすめの記事

浴室・バスルームの記事 白と木を基調とした、米国のバスルーム改修事例3選
平凡なバスルームを、魅力的な素材の組み合わせによって、明るく美しいバスルームに変身させる方法を、Houzzの実際の事例とともにご紹介します。
続きを読む
家づくりのヒント 二世帯住宅で失敗しないために考えておきたいこと
文/志田茂
みんなが一緒に暮らせる二世帯住宅。幸せな家づくりを実現するためには、それぞれの世帯がお互いの暮らしの形について思いやることが重要です。
続きを読む
インテリア 賃貸の壁でも楽しめる!アクセントクロスをDIYしよう
貼って剥がせる糊を使って、賃貸でもアクセントクロスを楽しんでみませんか?
続きを読む
玄関の記事 玄関ドアはどう選ぶ?その種類と素材、性能
文/荒木康史
玄関を見れば、そこに住まう人の人となりが分かると言われています。住まいの顔となる大切な玄関ドアにはどのようなものがあるのか、ご紹介しましょう。
続きを読む
新築 移住希望者必見!ゆかりのない土地で、地域をよく知る建築家と叶えた家づくり
移住先に選んだのは、栃木県那須塩原市、宮崎県日向市、沖縄県うるま市。3つの家族が慣れない土地で家づくりをどのように成功させたのでしょう?
続きを読む
外観の記事 住まいをさりげなく守る、軒と庇
文/安井俊夫
軒と庇。その存在は知っていても、違いも分からないし、よく考えたこともないという方は、意外と多いかもしれません。ですが住宅を住みやすくするためには、そのどちらの存在も意外と大切です。そんな軒と庇の役割や違いについて、お話します。
続きを読む
エクステリア ウッドデッキで満ち足りた住まいに! 居場所づくりに最適な設置場所とは?
文/Nozomi Ogawa
ウッドデッキのある家に何度も住んでいるほど“ウッドデッキマニア”な筆者が、おすすめの設置場所をご紹介します。
続きを読む
浴室・バスルームの記事 五感から考える、リラックスできる浴室作りのポイント
文/安井俊夫
浴室で心地よく過ごすために大切なこととは?五感をキーワードにして、快適な浴室作りについてご紹介します。
続きを読む
インテリア キラリと輝く住まいに! 居室を格上げするための「鏡」という選択
文/Nozomi Ogawa
鏡が活躍する場所は洗面室だけではありません。リビングをはじめとした居室に取り入れれば、海外風の明るいムードに!
続きを読む