コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 元に戻す
PRO
(有)田中機販

素敵なアドバイスですね。庇の出っ張りが少ない今の住宅は外壁が風雨にさらされて昨今の気象変動で外壁は過酷な環境です。凸凹の大い壁は湿気・カビ・苔・河川の側なら藻が付着します。庇を出せるなら1.5mは出したいですね。窓周辺の耐久性もUPしますね。シリコンコーキング材も8~10年では交換したいですね。お薦めは変性シリコンがいいですね。黙ってい業者に任せると耐久性・塗膜のノリが悪いコーキング材を使われますから注意ですね。外壁仕上げ材も一工夫して引き渡し後自分なりの新しい塗材を再施工してもいいのでは?建設会社と打ち合わせして新材料で外壁を仕上げるのが理想ですが。どうでしょうか?従来通りの塗材で完成させるか?いやいや、新しい塗材に変えるだけで耐久年数がUPしたらどうでしょうか。


家も車の様に、これからは考え方変えていいんじゃないでしょうか?

新車を購入してガラスコーティングして納車した車とそうでない場合維持管理考えたらどうでしょうか?家も同じですね。エントランス周りも人手間かけて維持管理しやすくしていく新しい材料が有るんじゃないかな?コンクリートの壁も駐車場も仕上げは素地のままです。最悪は引き渡しの時にコンクリートを酸洗いしてコンクリートを痛めて引き渡しと言うのが全てです。引き渡し時にコンクリートは中性化をさせてから引き渡されています。これが業界の悪しき習慣です。考えませんか?

「いいね!」 5 件    
ご報告いただきありがとうございました。 元に戻す
PRO
天工舎一級建築士事務所

貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。安いことが悪くて、高いことが良いと思っているわけではありませんが、なにもかもを安くすることが最優先という考え方には疑問を感じています。また一度建ててしまった家を、自分で手入れする習慣が無くなってしまった、あるいは少なくなってしまったことも残念に思っています。昔は何処の家にも、それなりの工具があり、お父さんが棚を造ってみたり、塀のペンキを塗ったりしていたというイメージがあります。ですが今は少し違う感じになっています。外壁だけにこだわりませんが、出来ればもう少しだけ、自分の家を自分でケアすることも必要かもしれませんね。RCの外壁に関しても、少し勉強してみたいと思います。

「いいね!」 2 件    

おすすめの記事

浴室・バスルームの記事 世界のHouzzで見つけた、バスルームミラー26選
文/Houzz Japan
洗面空間を演出するのに重要な役割を果たすミラー。世界で人気のバスルームミラーを眺めながら、理想の鏡を見つけてみてください。
続きを読む
エコ・サステナブル ロンドンビルド2023見本市から学ぶ、サステナブルな住まいづくり
家づくりをする上で、環境負荷を軽減するための革新的なアイデアをご紹介します。
続きを読む
インテリア サステナブルなインテリアのための7つのポイント
文/Claire Tardy
環境に配慮したインテリアをつくるためには、どういう点に気をつけたらよいのでしょうか?
続きを読む
浴室・バスルームの記事 ヒートショックを起こさない家をつくるために知っておきたいこと
文/安井俊夫
命にも影響を与えかねないヒートショック。浴室やトイレ・洗面所をあたたかく保って、安全で快適な家をつくる方法をご紹介します。
続きを読む
エコ・サステナブル 自然を身近に感じるバイオフィリックデザインを暮らしに取り入れる
自然素材や自然の要素を室内空間に取り入れて、心地よい暮らしをデザインしてみませんか?
続きを読む
暮らしのヒント 冬こそ換気が大切な理由と、その時になるべく寒くならない方法
文/安井俊夫
寒くなると、どうしても換気が疎かになってしまうのではないでしょうか?実は寒い冬こそ換気が大切です。その理由と、少しでも寒さを感じずに済む換気の方法をご紹介しましょう。
続きを読む
照明 世界のHouzzで見つけた、空間を魅惑する照明スタイル50選
居心地の良い住空間づくりに欠かせない照明プラン。各国の照明テクニックを部屋別にご紹介します。
続きを読む
家づくりのヒント 定年後を自分らしく楽しむための家づくりとは?
文/志田茂
人生100年時代、定年が65歳とすると、リタイア後の時間は「35年」。人生の長い第2幕をロスタイムとしてではなく、元気に過ごすための家づくりについて考えてみます。
続きを読む
インテリア 運動したくなるホームジムのつくりかた
運動のモチベーションがアップするフィットネス空間を自宅につくるには?専門家のアドバイスを参考に、デザインしてみましょう。
続きを読む
Houzzツアー (お宅紹介) 家族のプライベート空間を快適に。アウトドアとスカンジナビアをミックスした美しい店舗併用住宅
文/藤間紗花
建築設計事務所を主宰する建築士が、マイホームとして建てたカフェ併用住宅。アウトドアスタイルとスカンジナビアスタイルをミックスさせたデザインや、パブリックスペースとプライベートスペースを上手に分けるコツなどについて伺いました。
続きを読む