コメント (1)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
ran koma

「玄関に一脚の椅子」はいいですね。靴を履いたり、靴紐を結ぶのに程よい高さを選びたいです。

「いいね!」1 件    

おすすめの記事

テキスタイル・ファブリック これだけは手を抜きたくない!インテリア3つのポイント
もうすぐ新生活の季節。新たなインテリア計画を考えている人もいるかと思います。では、インテリアで手を抜きたくない3つのポイントとは?
続きを読む
ユーザー向けガイド プロに頼んだ方が「お得」なことも。インテリアコーディネートっていくらかかるの?
文/藤間紗花
インテリアコーディネーターに依頼するメリットって? 費用はどのくらいかかるの? 4人のコーディネーターが詳しくお答えします。
続きを読む
ニュース 2020年のトレンド色「クラシック・ブルー」をインテリアに取り入れるなら?
パントン社の2020年トレンドカラーに選ばれた「クラシック・ブルー」は日本人にもなじみが深い藍やデニムのような色。Houzzの専門家にインテリアへの取り入れ方を聞きました。
続きを読む
キッチンの記事 【2019年】日本のHouzzユーザーが選んだ人気写真:キッチン編
文/Houzz Japan
今年1年、日本のHouzzユーザーが最も多くアイデアブックに保存した写真のうち、ベスト10をカテゴリー別にご紹介!今回は「キッチン」編です。
続きを読む
ユーザー向けガイド プロと一緒に部屋づくりをして、素敵なインテリアを手に入れよう
部屋づくりをインテリアの専門家に依頼すると、自分では思いつかない提案がもらえることも。プロに依頼するメリットや探し方などをご紹介します。
続きを読む
ユーザー向けガイド 自分にぴったりな建築家を探すには?
理想の家づくりは、理想の建築家探しから。どのように自分にぴったりな建築家を見つければ良いのでしょうか?
続きを読む
ユーザー向けガイド 心地よさと感動のある住まいのために。もっと気軽にインテリアのプロに相談しよう
住まいとは、毎日を過ごす自分のための場所。だから自分にとって心地よく、素敵だと思える空間に整えるのがおすすめです。インテリアのプロの手を借りると、理想の空間は格段に実現しやすくなります。
続きを読む
その他のスペースの記事 築50年の倉庫が、趣味のための場に。生まれかわった『崖のアジト』
築50年の倉庫が、陶芸のための基地として生まれ変わったリノベーション事例。元々あった倉庫の造成 や建築構造があえて露わになった内装には、まさに「アジト」という言葉がしっくりきます。
続きを読む
家づくりのヒント 旗竿地でも快適に暮らせる住まいのつくり方
文/藤間紗花
隣家との距離が近く、日当たりや風通し、プライバシーの確保が難しくなりがちな旗竿地。旗竿地でも快適に暮らせる住まいを実現することはできるのでしょうか?5人の専門家に聞きました。
続きを読む