コメント (1)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
(有)田中機販

横から失礼します。無垢の板材と合板・化粧板等を同じ大きさに切り冷蔵庫に入れて1時間寝ませて素手で触ります。差が分かります。無垢の床板が温かいのです。何故だか?考えましょう。傷や手入れは考えてやればいいこと。毎日触れ合うそこにはお金かけてもいいのでは?いかがでしょうか?TESTしてみたらいかがですか?インターネットで検索しないで直に感じてほしいな。

「いいね!」1 件    

おすすめの記事

素材 自然な質感が魅力。テラコッタタイルを取り入れた住まい
素焼きの優しい色合いが魅力的なテラコッタタイル。庭やバルコニーなどの室外はもちろん、室内にとりいれるのもおすすめです。
続きを読む
インテリア インテリアが映えるヘリンボーンの床がある暮らし
ヘリンボーンのフローリングで、主役級の床を楽しみませんか?
続きを読む
建材 コンクリート床をインテリアに使うべき5つの理由
センスよく見える上、メンテナンスが楽で、耐久性が高いコンクリートの床。日本でも室内に土間をつくるときによく使われます。今回は、コンクリートの床がよく使われるオーストラリアから、コンクリート床をとりいれるメリットをご紹介します。
続きを読む
インテリア ダークな床の空間をコーディネートするポイントは?
床が濃い色だと部屋も暗くなり、インテリアコーディネートが限定されてしまう、と思い込んでいませんか? ダークなフローリングを活かしてセンスのいい空間をつくるポイントをご紹介します。
続きを読む
素材 肌に心地よく、目にも楽しめる、最適なフローリング材を選ぼう
文/Taeko Ishii
フローリングは、材料となる木の樹種はもちろん、製法や仕上げ、材の幅や張り方など、実に多くの種類があります。それぞれの特徴を知って、最適なタイプを選びましょう。
続きを読む
インテリア 素材の特徴が決め手となる「床材」選び
文/水谷聡子
住まいの床材を選ぶ際、どんなポイントをチェックすればよいでしょうか? さまざまな種類について特徴を知り、五感を使って、最適なものを見つけてみましょう。
続きを読む
インテリア 新築も、リフォームも。知っておきたいインテリアの構成要素 :床材いろいろ
文/滝本香苗
インテリアコーディネーターとして活動する筆者が、インテリア素材の基本的な知識から裏話まで、アイテムごとに6回の連載でお伝えしていきます。
続きを読む