コメント (4)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
株式会社 オオムラ

気に入られたテラコッタですが、「滑る」ということですね。私はテラコッタで滑り止めのついたものは見たことがありません。見た目の良さか、安全性か迷うところですね。テラコッタに関わらず、外部床面に使用する建材は「滑る」危険性を伴います。Sugita様がご紹介されていますが、磁器質タイルはかなり進歩しており、一枚ごとに色斑を付けるなどして、テラコッタの雰囲気をリアルに再現されたものが作られています。タイルはテラコッタと違って、生産段階で滑り止めの加工を施すことが可能です。ドイツ工業規格DINでR11、R12といった規格ですと、ある程度の滑り止めが期待できます。ご参考までに、弊社の商品です。「滑る」という問題は、ご使用になられる履物や建材の表面に水や油が着くことによっても影響します。既に施工された床に滑り止めの加工をされるならば、専門の業者様もいらっしゃいますので、ご相談されても良いかもしれません。

   
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
Midori Kido

コメントありがとうございます。たしかに濡れたところをスリッパなどで歩けば転んでも仕方ないかもしれません。テラコッタはメキシコでもよく使われていてとても素敵です。また滑らないように、きれいにしてからまた滑り止め塗料を塗ろうと考えています。次回は新しい滑らないテラコッタ風タイル探します。ありがとうございました。

「いいね!」1 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
株式会社 オオムラ

Sugita様 テラコッタについて、大変わかりやすく明快な文章と写真を拝見させていただき有難うございます。スペインのバルセロナにて、テラコッタを作っている工場を訪ねた事があります。セラミックタイルの大規模な工場ではなく、こじんまりとした質素で、素朴な工場でした。テラコッタのメーカーは、タイルのようなイノベーションはなく、どちらかというと伝統的な製法を継承することに重きを置いているように感じました。弊社でもテラコッタを取り扱っていますが、購入される数も安定している反面、大きな需要は期待できません。むしろテラコッタ調のタイルは、各メーカーもこぞって新しいデザイン、サイズに取り組んでいます。今タイルで起こっていることはテラコッタに限らず、天然石、木材、メタルなどにおいても同様です。タイルはその可塑性を生かして、様々なマテリアルに変容します。それが悪いとは思わないのですが、こんな記憶があります。東京の郊外に、とある設計事務所兼ショールームを訪ねた事があります。その会社様はプロヴァンス風のスタイルに忠実な建物を作っておられます。ショールームはテラコッタを床に使われていました。オーナーには、お子さんがいらっしゃったのですが、裸足で室内を歩かれていました。これはオーナーの教育方針だと聞きました。良い素材を裸足で踏むことは、健康に良い影響を与えるというような事を覚えています。まとまらない文章で申し訳ありません。



「いいね!」1 件    

おすすめの記事

家づくりのヒント 梅雨の時期に考える、雨の日のための住宅デザイン
雨が続いて憂鬱になりがちな梅雨の時期。しかし、雨の日も楽しんでしまうのが、四季を尊ぶ日本の美意識。雨の日が楽しみになるような住宅デザインを考えてみませんか?
続きを読む
窓まわり 意外と知らない、雨戸とシャッターの違い
文/荒木康史
雨戸とシャッターってどう違うの?それぞれを取り付けるメリットとデメリット、メンテナンス方法についてご紹介します。
続きを読む
新築 建築家とともに「好き」を形に。心地よさをつくる中庭のある家
自分たちの「好きな家」を徹底的に考えたオーナー夫妻が、希望をリストに落とし込むところから始まった家づくり。建築家と一緒に、息の合った連携で作り上げた家とは?
続きを読む
ダイニングの記事 風水流!幸運を呼ぶキッチンとダイニングのインテリア
キッチンとダイニングは、家族でおいしい食事を作って食べる場所。風水流インテリアのコツを取り入れて、みんなが笑顔になる住まいを作りましょう!
続きを読む
インテリア 今年も高い評価を受けた日本ブランド&デザイナー【ミラノサローネ2019:プロダクト編】
藤井繁子さんによるミラノサローネ現場レポート。新人デザイナーの登竜門であるサローネサテリテでは日本人が1位&3位を受賞!海外ブランドと日本人デザイナーのコラボにも注目です。
続きを読む
部屋別 ダイニング照明の選び方:シンプルな1灯から遊び心のある多灯まで
ダイニングのインテリアやテーブルと、照明の組み合わせ方を、さまざまなバランスの事例写真を見ながら考えてみましょう。
続きを読む
日本 中庭をぐるりと囲む、家族のための「かたつむりの家」
さまざまな条件と要望を汲んで形にしたら、中庭を囲むカタツムリのような姿の家になりました。
続きを読む
新築 日本在住30余年の外国人夫妻が建てた、思い出が息づく明るい家
文/Miki Anzai
子供たちが巣立ち、夫婦だけの家をつくることにした東京の外国人夫妻。完成したのは、旧居で気に入っていた部分のデザインを取り入れた、日当たりの良い家でした。
続きを読む
庭づくり イングリッシュガーデンとは?作り方のポイント
文/藤山佳織
イングリッシュガーデンの特徴は?実際に庭づくりするなら、おさえておきたいことをご紹介します。
続きを読む