コメント (4)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
足利建築

コメント失礼致します。

大変分かりやすい内容の記事で、とても為になった方も多いことと思います。
特に、ガルバリウム鋼板の使用に際しての、デメリットに対しても記事にしていただいたことに、とても感謝いたしました。

私の住んでいる地域は、秋田県の秋田市になります。


ガルバリウム鋼板材を、外壁材として使用する場合には、住まいに採用されるお客様に対して、何度もメンテナンスの必要があることを、必ずお話しをさせていただきます。


秋田市は海も近く、交通量が多い道路沿いなどに住まいを建築される場合には、特に注意をしなければなりません。
秋田市にて外壁材として採用する場合には、1年間に2から3回前後は、外壁材を洗うなどのメンテナンスが必要となりますので、メンテナンスを怠ると、本当にサビの発生が早いものです。


どの様な材料にも、必ずメンテナンスは必要だということを、上手に伝えていけたらと、あらためて感じさせていただきました。
良い記事をありがとうございました。


足利建築
足利敏光

「いいね!」 9 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
天工舎一級建築士事務所

二本柳慶一様

コメントいただき、ありがとうございます。

建築家の発想力とそれを具現化する施工者の技術力、そしてなによりもそれらのデザインを許容するクライアントの嗜好と思考の妙がなせる業だと言えますね。「好き」と思われる感性が、デザインの第一歩なのかもしれませんね。

   
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
天工舎一級建築士事務所

足利建築様

御丁寧な御感想をいただき、ありがとうございます。

ガルバリウム鋼板=メンテナンス・フリーと、話される方が居るようですが、それは誇張し過ぎで、誤解を与えてしまいますよね。あくまでも「メンテナンスのサイクルが、〇〇と比べて長い」とか、「〇〇と比べたら安価」と言うように、比較してあげないと誤解を生みますし、後々のクレームに繋がりかねません。

屋根材としてガルバリウム鋼板が普及する前、「屋根に銅板を葺くとメンテナンスが不要です」と、言われていた時代がありました。時代により人気の製品が変わっていきますが、どんなに優れた材料でもメンテナンスが不要な材料など存在しません。それは病気にかからない人が居ないことと、きっと同じことなのかもしれませんね。貴重なコメントをいただき、こらこそありがとうございました。

「いいね!」 3 件    

おすすめの記事

片付け 共働き家族のための、家事シェアできる住まいの作り方【キッチン編】
仕事をしながら子育てだけでなく、介護もする時代。家族が積極的に、ときには家事のプロも参加しやすい仕組みを取り入れましょう。
続きを読む
小さな家をつくる時に知っておきたいこと
文/志田茂
小さな家で充実した暮らしを実現することは可能です。そのために知っておきたい心構えと、家づくりのテクニックをご紹介します。
続きを読む
ライフスタイル 意見の食い違いで別れも? パートナーとよい関係で家づくりするには
Houzzの調査で、家づくりの過程で約1割の人がパートナーとの別れを考えたという結果が出ました。良好な関係を保ちながら家づくりをするコツを専門家に聞きました。
続きを読む
玄関の記事 三和土とは?本格的な土間のつくりかた
文/安井俊夫
三和土とは?セメントでつくる土間と何が違うのか?実際の作業工程の写真とともにご紹介します。
続きを読む
建築・デザイン 絶対に知っておきたいモダニズムの傑作住宅10選
文/John Hill
現在も住宅デザインに影響を与え続けるモダニズム建築の傑作。あなたの家にもその要素が入っているかも?
続きを読む
建築・デザイン スキップフロアを採用したいと思ったら知っておきたいこと
文/安井俊夫
室内にリズムが付けられるスキップフロア。「段差のある家に慣れていないと暮らすのは難しいかな?」と、思う人もいるかもしれません。今回はそんな「スキップフロアのある家」に関する基本的なポイントを、いくつかご紹介いたします。
続きを読む
庭づくり・植物 自然な質感が魅力。テラコッタタイルを取り入れた住まい
素焼きの優しい色合いが魅力的なテラコッタタイル。庭やバルコニーなどの室外はもちろん、室内にとりいれるのもおすすめです。
続きを読む
新築 建築家とともに「好き」を形に。心地よさをつくる中庭のある家
自分たちの「好きな家」を徹底的に考えたオーナー夫妻が、希望をリストに落とし込むところから始まった家づくり。建築家と一緒に、息の合った連携で作り上げた家とは?
続きを読む