コメント (3)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
一級建築士 秋山建築事務所

自分も狭小住宅が好きで、特に増沢洵の最小限住宅、所謂9坪ハウスが理想です。

人間基本的に若くはなっていかないので、2階建てが限度かな。

都会ならではのお宅でしたね。コンセプトは素敵です。周囲に開かれた空間構成、狭小住宅では両立しがたいのでしょうが、素晴らしいお宅でした。

「いいね!」 6 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
POWDERYELLOW

人間の欲望と言うか望みは尽きないモノと思いました。都会における住宅事情が生み出した「創意工夫」の賜物ですね!

建築家に限らずいろんな場面で日常的にあらゆる企業でも「創意工夫」は人間の持つ特有の意識でしょうか・・・ね!

「いいね!」 2 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
mao taipo

とても素敵な家でしたね!

マンション価格が高騰する中、いっそ一戸建ても…と最近考えはじめました。

しかし気になるのは、4階建てでは将来体がきつくなる一方ですよね…。

売却してマンションや2階建ての一戸建て、あるいは老人ホームに

引っ越すにしても、希望の価格で売却できるかなど、老後に心配したくなくて。

タイニーハウスでも注文住宅なら売れるでしょうか?

「いいね!」1 件    

おすすめの記事

植物 観葉植物を枯らさないためのポイント
文/藤山佳織
なんだかいつも観葉植物がうまく育たない…… そんな方は基本的な育て方を確認してみましょう!
続きを読む
日本 幅4mの家に光を満たし、めりはりの効いたワイド感を生み出した「7つの工夫」
20坪未満のコンパクトな土地に、家族3人の家を建て替え。光を届け、広々とした開放感を演出する工夫が光る、間口4mの快適な住まい。
続きを読む
日本 庭付き分譲マンションを、キッチンを中心とした開放的な大人の空間にリフォームした《深沢の部屋》
数年住んだからこそ見えてきた理想の空間。限りあるスペースを最大限有効活用できるよう工夫に満ちた、ふたりのためのオーダーメイドの部屋をご紹介します。
続きを読む
ヨーロッパ (北欧以外) 自動車工場を光あふれる住まいに。建築家とデザイナーのカップルが暮らす家
インダストリアルな空間にヴィンテージ家具を合わせた、イタリア・ミラノのユニークな住宅です。
続きを読む
新築 用途を決めない空間を楽しむ「家具のような」狭小住宅
都心ならではの生活スタイルを見極めて、心地よく豊かに過ごせる空間がつづく家をご紹介します。
続きを読む
インテリア トイレのインテリアを素敵に。こだわりたい9つのポイント
小さなスペースだからこそ、実は思い切ったインテリアを試せるのがトイレです。大きな部屋ではなかなか使いにくい大胆な色や柄、アイテムを取り入れ、個性を発揮してみては?9つのアイデアをご紹介します。
続きを読む
日本 湖を望む、緑あふれる建築家の自邸
周囲の環境の豊かさを存分に取り入れた琵琶湖を望む住まい。カーテンをかけずに過ごせる開放感的な空間には、暮らしを楽しむためのこだわりがいっぱいです。
続きを読む
ヨーロッパ (北欧以外) 明るさも収納力も実現。ふたつの「部屋」があるパリの20㎡
中二階にベッドを配置し、スマートガラスを取り入れて、デザイナーは息子の小さな学生アパートを生まれ変わらせました。
続きを読む
建築 建築家の住宅論を読む(10)~安藤忠雄『家 1969-96』と『安藤忠雄 住宅』~
文/大村哲弥
日本建築学会賞受賞、プリツカー賞受賞、東京大学教授など、今や名実ともに日本を代表する建築家の安藤忠雄。彼の原点である住宅設計に関する書籍を読み解きます。
続きを読む