コメント (3)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
秋山豊彦建築設計室

自分も狭小住宅が好きで、特に増沢洵の最小限住宅、所謂9坪ハウスが理想です。

人間基本的に若くはなっていかないので、2階建てが限度かな。

都会ならではのお宅でしたね。コンセプトは素敵です。周囲に開かれた空間構成、狭小住宅では両立しがたいのでしょうが、素晴らしいお宅でした。

「いいね!」 6 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
POWDERYELLOW

人間の欲望と言うか望みは尽きないモノと思いました。都会における住宅事情が生み出した「創意工夫」の賜物ですね!

建築家に限らずいろんな場面で日常的にあらゆる企業でも「創意工夫」は人間の持つ特有の意識でしょうか・・・ね!

「いいね!」 2 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
mao taipo

とても素敵な家でしたね!

マンション価格が高騰する中、いっそ一戸建ても…と最近考えはじめました。

しかし気になるのは、4階建てでは将来体がきつくなる一方ですよね…。

売却してマンションや2階建ての一戸建て、あるいは老人ホームに

引っ越すにしても、希望の価格で売却できるかなど、老後に心配したくなくて。

タイニーハウスでも注文住宅なら売れるでしょうか?

「いいね!」1 件    

おすすめの記事

日本 幅4mの家に光を満たし、めりはりの効いたワイド感を生み出した「7つの工夫」
20坪未満のコンパクトな土地に、家族3人の家を建て替え。光を届け、広々とした開放感を演出する工夫が光る、間口4mの快適な住まい。
続きを読む
日本 庭付き分譲マンションを、キッチンを中心とした開放的な大人の空間にリフォームした《深沢の部屋》
数年住んだからこそ見えてきた理想の空間。限りあるスペースを最大限有効活用できるよう工夫に満ちた、ふたりのためのオーダーメイドの部屋をご紹介します。
続きを読む
新築 用途を決めない空間を楽しむ「家具のような」狭小住宅
都心ならではの生活スタイルを見極めて、心地よく豊かに過ごせる空間がつづく家をご紹介します。
続きを読む
家づくりのヒント 建物以外の費用も結構かかる?家づくりの資金計画とは
文/荒木康史
家づくりは人生で一番高い買い物とも言われています。しっかりとした資金計画を立てて、最高の家を手に入れましょう!
続きを読む
建築 建築家の住宅論を読む(10)~安藤忠雄『家 1969-96』と『安藤忠雄 住宅』~
文/大村哲弥
日本建築学会賞受賞、プリツカー賞受賞、東京大学教授など、今や名実ともに日本を代表する建築家の安藤忠雄。彼の原点である住宅設計に関する書籍を読み解きます。
続きを読む
新築 建築家とともに「好き」を形に。心地よさをつくる中庭のある家
自分たちの「好きな家」を徹底的に考えたオーナー夫妻が、希望をリストに落とし込むところから始まった家づくり。建築家と一緒に、息の合った連携で作り上げた家とは?
続きを読む
部屋別 ダイニング照明の選び方:シンプルな1灯から遊び心のある多灯まで
ダイニングのインテリアやテーブルと、照明の組み合わせ方を、さまざまなバランスの事例写真を見ながら考えてみましょう。
続きを読む
日本 都心の高台にたたずむ、眺めのいい一人暮らしの家
ケヤキの木の緑に癒される、まるで都会の隠れ家のような小さな家。そこは、余計なものはないけれど、これでなければならない、唯一無二の拠点でした。
続きを読む
新築 日本在住30余年の外国人夫妻が建てた、思い出が息づく明るい家
文/Miki Anzai
子供たちが巣立ち、夫婦だけの家をつくることにした東京の外国人夫妻。完成したのは、旧居で気に入っていた部分のデザインを取り入れた、日当たりの良い家でした。
続きを読む