コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 元に戻す
PRO
POWDERYELLOW

IoTのシステム、スマートハウス、AI・・・

どれも素晴らしい文明と言えますが、、、、

果たしてそこにには人間の直感的な感性や感情と言われる心からの貪欲さ、感情の鼓動、情熱の息吹、、、等の「文化」を形成する「愛」と言うものを取り込めない事にもどかしさを感じます。

人間の脳細胞は60兆個と言われていますがAIの天文的な数字に表れるデーター解析に足りないモノが冒頭で記載しました人間の持つ「本能」「欲望」「情熱」と言う「愛」と言われるものがAIにはありません。


たとえ近い将来人間のそれらを何千億データー化しても全ては過去の遺物!人間の持って生まれ持った脳には到底AIの文化に対する進化はおぼつかないでしょう。

全てデーター処理が必要だろうか~何のために情報を知識として詰め込む必要があるだろうか・・・人間の生まれた時からDNAとして持っている自然治癒欲や直感的な判断が出来る感性を大事に見つめ直すことが今の時代、これから先こそ忘れてはいけないキーワードです。

行き着く先には文化を忘れ削ぎ落した時に気が付いても「時すでに遅し」、

「覆水盆に返らず」。

人間に唯一持たされた能力の「文明」をどこまでも追及する時に「奢る事無く」愛を持って行けば文明も「文化」と同じ土壌で成熟される事を期待する


最後に一言・・・

デザインは人間だけに唯一与えられた感情表現であり神からの贈り物です。

「いいね!」 3 件    
ご報告いただきありがとうございました。 元に戻す
PRO
土橋陽子

POWDERYELLOW様 奥深いコメントをありがとうございます。


執筆を終えてからもなおぬぐいきれない「モヤモヤした不安感」は、POWDERYELLOWさんのおっしゃる「もどかしさ」なのかもしれないです。
使う側が無知なまま、テクノロジー側に流されていくのはどうかな?といった矢を放った、というのがこの記事の1番の主旨です。
デザインで「なにをどうを解決したいと考えた結果なのか」というところに、私は意味を見いだしています。

豊かな暮らしを提案されている第一線の方からのコメント、とても嬉しく背筋がのびました。

「いいね!」1 件    

おすすめの記事

トレンド 心地よい暮らしを探求する7つのトレンド【ロンドン・デザイン・フェスティバル2021】
今年のイベントでは、柔らかな質感、丸みのある家具、植物など、暮らしを心地よく豊かにするためのアイデアが注目を集めました。
続きを読む
トレンド 小さな庭を豊かにするヒントがいっぱい!【チェルシーフラワーショー2021】
狭い庭、バルコニーやコンテナガーデンを、緑豊かなサンクチュアリに近づけるためのアイデアをチェックしてみましょう。
続きを読む
トレンド コロナ後のニューノーマルに焦点【メゾン・エ・オブジェ2021年秋】
文/Claire Tardy
2度の中止を経て開催されたメゾン・エ・オブジェ。サステナビリティ、変化する働き方、伝統や地域を見直すことなど、これからの住宅やインテリアのあり方が提示されました。
続きを読む
トレンド サステナブルに住まいを楽しむ。ミラノサローネ2021のデザイントレンド8選
ミラノサローネが「スーパーサローネ」として戻ってきました!ミラノで発表された最新の家具とトレンド、そして見本市そのものの変化についてご紹介します。
続きを読む
トレンド 欧州家具ブランドの新作にみる、2021年上半期10のトレンド
展示会の開催が減っても、ブランドがその歩みを止めることはありません。今年の新商品はライフスタイルの大きな変化を反映しています。
続きを読む
トレンド 2021年上半期、Houzzで人気だった事例写真は?
「おうち時間」も2年目となった今年前半は、どんな写真が日本のHouzzユーザーの心をとらえたのでしょうか?
続きを読む
トレンド 欧州の専門家たちが考える、コロナ以降の住まいトレンド
住まいに適切な境界を設けること、クリエイティブな創作活動をするスペース、多機能家具、多世代での生活、自然と繋がる暮らしなどが注目されています。
続きを読む
世界の家 世界各地の“ウッドショック”が家づくりに与えている影響は?
文/Houzz Japan
日本で大きな問題となっているウッドショックですが、世界各国でも木材不足が起きています。各地の対応や今後の方向性などについて、Houzzの各国編集部が取材しました。
続きを読む
世界の家 「ニュー・ヨーロピアン・バウハウス」について知っておきたいこと
持続可能で協同的、多様性を受け入れることのできる建築文化を構築するために、ヨーロッパでバウハウスが再評価されています。
続きを読む
家づくりのヒント 木材価格が高騰?不足?ウッドショックについて建主が理解しておきたいこと
文/安井俊夫
「住宅建設用の輸入材が手に入らない」という話を耳にしている方もいるかと思います。いま家づくりを考えているなら、踏まえておきたいポイントをお伝えします。
続きを読む