コメント (3)
ご報告いただきありがとうございました。 元に戻す
PRO
Office K [オフィスK]

雑貨というか、食器ですけれど、北欧らしくて質実剛健なのにカラフルで可愛いイッタラのティーマは自宅でも愛用しているお品です。オーブン、冷凍庫や電子レンジ、食洗機と何でも来いで使い勝手が良いですし、スタッキング出来るシンプルなデザインなので洋食器なのに和食にも合います。

2017年にはグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞したカイ・フランクデザインの不朽の名作です。

限定カラーが発売されるのでコレクター心も刺激する、暮らしを楽しくする名脇役だと思います。ついつい廃番カラー集めに熱中してしまい、去年はちょっと散財してしまいました…。

「いいね!」 2 件    
ご報告いただきありがとうございました。 元に戻す
PRO
ななのはな(nananohana)

Office Kさま、コメントありがとうございます。
限定カラー惹かれますね。
質実剛健なのに、素敵なデザイン!無駄が全くないですね。

   
ご報告いただきありがとうございました。 元に戻す
PRO
Office K [オフィスK]

nananohanaさま

こちらこそ、お返事どうもありがとうございました。

そうなんです。限定カラーにはまた可愛いものが沢山あるのです。

ところで、アップしていらっしゃる食器棚のお写真の上から2段目のイエローカラーのカップアンドソーサーですが、多分ティーマの限定カラーのイエローです。このイエローに惚れ込んで買い始めて、その他の色にも色々手を伸ばしてちょっと散財してしまいました汗

その下の段にある、重ねてあるカラフルなボウルは今はイッタラショップで売られているアラビア社ののKoko、その下の葡萄のような柄のカップもアラビア社のパラティッシです。

食器はお手ごろで揃えやすく、普段から使えるのでお勧めですよ。

   

おすすめの記事

建築 家の顔、窓の配置とデザイン、使い方
文/Yoko Ogino
美しい建物には必ず機能的でデザイン性の高い窓がついています。窓の形や大きさ、位置などの基本から、窓の使い方など機能に関することまで、素敵な窓の例を見ながら解説します。
続きを読む
キッチンの記事 オープン棚でキッチンの収納量をアップする10のアイデア
文/Cynda Touri
必要なモノにすぐに手が届いて、収納量をアップできるのが、オープン棚の魅力。フランスのHouzzから、キッチンで活用する10のアイデアをご紹介します。
続きを読む
トレンド 2023年のインテリアトレンド10選【メゾン・エ・オブジェ2022年9月展】レポート
インテリアの「パリコレ」とも称される国際見本市で見つけた家具、素材、パターンのトレンドをご紹介します。
続きを読む
トレンド 最新トレンドカラー【メゾン・エ・オブジェ2022年9月展】報告
文/Claire Tardy
微妙な色合いの翡翠色、淡いピンクやベージュ、そして紫とオレンジのカラーブロッキングが、現在の困難な時代に求められています。
続きを読む
専門家向け情報 【メゾン・エ・オブジェ 2022年秋】トレンド予測の専門家が語る、最新トレンド と来年の予測
文/Elen Pouhaer
今年のメゾン・エ・オブジェ国際見本市で「What’s New」エリアの展示を手がけたトレンド予測の専門家エリザベス・ルリッシュとフランソワ・ベルナールに、Houzzフランス語版チームが取材をしました。
続きを読む
暮らしのヒント 賃貸の壁でも楽しめる!アクセントクロスをDIYしよう
貼って剥がせる糊を使って、賃貸でもアクセントクロスを楽しんでみませんか?
続きを読む
書斎・ホームオフィスの記事 デスク周りに"見せ場"をつくり、お部屋をおしゃれに見せるコツ
リビングやダイニングでテレワークをしていると、仕事の資料でごちゃつくことも。デスクの壁の一部に視線を集める「フォーカルポイント」を作り、お部屋をすっきり見せましょう。
続きを読む
暮らしのヒント キラリと輝く住まいに! 居室を格上げするための「鏡」という選択
文/Nozomi Ogawa
鏡が活躍する場所は洗面室だけではありません。リビングをはじめとした居室に取り入れれば、海外風の明るいムードに!
続きを読む
建築・デザイン 現代のインテリアに生き続ける、ル・コルビュジエの影響
1920年代まで遡るル・コルビュジエの先駆的なデザイン思想は、現代のインテリアにも深い影響と感銘を与え続けています。
続きを読む