コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 元に戻す
PRO
Office K [オフィスK]

(ヘザー ブラッキン)Heather Brackinさま

いつも素敵でインフォマティブな記事、ありがとうございます。

木質のものは一部屋に3種類以上を混ぜない方が良い、と学んだ事があったので、そうでなければと固く考えていたのですが、色と質感を色々取り交ぜても面白い効果が生まれる事もある、という事を教えて戴けて自身のコーディネートの幅が広がった気がします。ありがとうございます。

特に3. 目を惹く色をアクセントカラーにするや、5. 床と家具の間に異素材でワンクッションおくはすぐに取り入れられそうで、是非使ってみたいアイデアだと思いました。

これからも素敵な記事楽しみにしております。

「いいね!」 9 件    
ご報告いただきありがとうございました。 元に戻す
little_bear_kankichi0

沢山の実例と的確なコメントをありがとうございます。
家具を買い替えなくても異なる色や質感をミックスさせるアイデアがこんなに色々あったのですね🤭
我が家も三世代の家具が混在していますのでとても参考になりました。
私はグリーンや花のポットを要所要所に置いて異なる木調を結ぶようにしています。

   

おすすめの記事

トレンド 住まいとウェルビーイングを繋ぐアイデア集【ロンドン・デザイン・フェスティバル2022】
質感のある仕上げ、そしてウェルビーイングとサステイナビリティが注目を集めた今年のイベントは、ポジティブで明るいムードに包まれていました。
続きを読む
トレンド 2023年のインテリアトレンド10選【メゾン・エ・オブジェ2022年9月展】レポート
インテリアの「パリコレ」とも称される国際見本市で見つけた家具、素材、パターンのトレンドをご紹介します。
続きを読む
トレンド 最新トレンドカラー【メゾン・エ・オブジェ2022年9月展】報告
文/Claire Tardy
微妙な色合いの翡翠色、淡いピンクやベージュ、そして紫とオレンジのカラーブロッキングが、現在の困難な時代に求められています。
続きを読む
トレンド 北欧で見つけた5つの最新トレンド【3デイズ・オブ・デザイン2022】
デンマークの首都・コペンハーゲンで開催されたデザイン・イベントでは、古典的デザインから最新トレンドまで、さまざまなインテリアのデザインが展示されました。
続きを読む
ニュース 欧州デザイナー8名が語ったデザイントレンド【ミラノサローネ2022】
イタリア・ミラノで開催された家具デザインの見本市で、欧州のデザイナーに最新トレンドについてお話を伺いました。
続きを読む
トレンド 現代家具とデザインの最新情報。NYの見本市から解くトレンド
ニューヨークで開催された2つの見本市をHouzz米国編集部が取材。2022年の主要テーマは、持続可能性、ウェルネス、革新性、伝統工芸でした。
続きを読む
専門家向け情報 【メゾン・エ・オブジェ2022年3月展】から導き出す、住まいづくりのための12のヒント
インテリアの「パリコレ」とも称される欧州最大級のデザイン見本市。インテリアデザイナーの網村眞弓さんが、日本の住まいでの応用と実践のヒントを紹介します。
続きを読む
名作デザイン 北欧・デンマークの家具から考える「名作デザイン」とは?
数多くの名作家具を生み出してきたデンマーク。「デザイン・ミュージアム・デンマーク」の館長と一緒に、デンマークの名作家具が持つ普遍性について考えてみましょう。
続きを読む
トレンド 【メゾン・エ・オブジェ2021秋】から考察する、これからの住まい
海外の最新トレンドに詳しいインテリアデザイナーの網村眞弓さんが、インテリアの「パリコレ」とも称される欧州最大級の見本市について解説。日本での住まいづくりのヒントを導きだしてくれました。
続きを読む