Houzzツアー ロンドン自宅インテリア

—  Houzz
この商品へのお問い合わせはありません

Houzz ユーザーのコメント:

nayosuzuki
Nayo SuzukiさんがアイテムをMy Houzz:日本の伝統工芸品とヴィクトリア様式の空間が出会った、ロンドンのエクレクティックなインテリアに追加しました 2016年1月12日

リノベーションにあたり、澤山さんがまず実行したのが、「空間のプロポーションを整える」こと。LDKの中心、フォーカルポイントとなる暖炉を設置するために壁をつくり、そこにテレビやオーディオ設備も組み込みました。そして、暖炉を中心に、左右対称の空間になるよう、照明や暖房器具の位置を調整していきました。 「左右非対称の空間は、もの(家具や照明)の配置で空間のバランスをとるため、置けるものの数や位置が制限されてしまいます。エクレクティックなインテリアでは、基本的にものをたくさん置いて、空間に深みや奥行きを出していくので、キャパシティの大きさも大切。左右対称に家具をたくさん配置していけるよう、まずは空間を整えます」。

Houzz 寄稿者のコメント:

_____396879
飯野恵美さんがアイテムを恵美さんのアイデアブックに追加しました 2018年2月13日

リノベーションにあたり、澤山さんがまず実行したのが、「空間のプロポーションを整える」こと。LDKの中心、フォーカルポイントとなる暖炉を設置するために壁をつくり、そこにテレビやオーディオ設備も組み込みました。そして、暖炉を中心に、左右対称の空間になるよう、照明や暖房器具の位置を調整していきました。「左右非対称の空間は、もの(家具や照明)の配置で空間のバランスをとるため、置けるものの数や位置が制限されてしまいます。エクレクティックなインテリアでは、基本的にものをたくさん置いて、空間に深みや奥行きを出していくので、キャパシティの大きさも大切。左右対称に家具をたくさん配置していけるよう、まずは空間を整えます」。