tomoyosugimoto

1Kの間取りを有効に、快適に、おしゃれな空間にするためには??

Tomoyo Sugimoto
2019年6月20日

3年前に1LDKから1Kに引っ越しをしました。

理由としては、一人暮らしなら1Kでいいかなと思ったからです。


寝に帰るだけだからいいかなと思っていたのですが、

Houzzの写真を見ていると家で過ごす時間も大切にしたいなと思ってきました。


限られたスペースの中で、有効に、かつおしゃれな空間にしていきたいなという欲が出てきたので、現在部屋の模様替えを検討中です。


洋服の数が多くて、クローゼット以外に外に洋服を収納するようなものは必須です(汗)


1Kを有効に使うためのレイアウトや、おしゃれに見せる小物や家具があったら、ぜひアドバイスをお願いします。


コメント (13)

  • PRO
    やまぐち建築設計室

    はじめまして、やまぐち建築設計室・建築家の山口哲央と申します。出来る事ならば、自宅で過ごす時間は有意義に、リラックスして過ごしたいですよね。ごくごく一般的な話しではありますけど、参考になれば幸いです。有効的にスペースを活用する手法に、一つは家具のサイズや色の選定方法で雰囲気が随分変わるという事。色をバラバラにするよりも、出来るだけ同色、同様のカタチでそろえて、統一感を出しつつ、ポイントに別の色や配色をアクセントにするもの有効ですよ。遠近法を使って、家具のサイズを調整してレイアウトする事もおススメです。あと、一般的にはダイニングテーブルを置き、椅子等を使う事も多いかも知れませんが、床に座る事を視野に家具を選定したりすると部屋を広く感じますよ(座面を低くする)。どうしてもテーブルを置く場合は、円卓だと広く感じますよ。あと照明器具も明るさだけを条件にするのではなくて、雰囲気をつくりだせるように、間接的な灯りを出す照明器具も有効ですよ。間取り図があれば、よりよいのですが・・・・・。


    Tomoyo Sugimotoさんはやまぐち建築設計室さんにお礼を言いました
  • Tomoyo Sugimoto

    はじめまして、山口様、早速コメントしていただきましてありがとうございます。

    カタチを揃えたり、色を揃えるなど、プロならではの意見で勉強になります。

    間接照明はうまく使いたいと思っていたところです。どの辺に置くといいのかなとも考えます。

    間取り、実際のものではないですが、似ている画像を添付します。

    もし、またアドバイスいただけると嬉しいです。


  • PRO
    やまぐち建築設計室

    コメントありがとうございました。実際にはどんなサイズの家具なのかにもよりますが、ベッドルームの出入り口周辺は空きスペースを取り、正面に見える範囲の床には物を置かない方が印象的には広く見えると思います。奥が見通せるように、いつも居る場所から視界に入りにくい壁際の範囲にまとまって家具を置くと良いです。部屋全体に置くよりも、ある一定のヶ所に集めるイメージです。間接照明は、全体を明るくしたり、床を明るくするよりも、部分的に角の方や壁に向けて明るさをつくる様に置くのがおススメです。

    Tomoyo Sugimotoさんはやまぐち建築設計室さんにお礼を言いました
  • Tomoyo Sugimoto

    山口様

    こちらこそ、ご丁寧にありがとうございます。

    家具の配置がスペースを最大限使用するのに大切なコツなんですね!

    また、照明は部分的に角や壁に向けるといいということなので、高さのある照明を今週末にでも見に行ってみようと思います。


    荷物が多いのは女性特有なのでしょうかね(笑)

    断捨離も兼ねて、夏前までには部屋を完成させたいです。

    丁寧にありがとうございます。


  • PRO
    京都・滝本一級建築士事務所

    先述の先生がおっしゃられてる通りですが、「流れに逆らわない」を念頭に置けば視界の妨げにならないと思います。流れに沿って、ベッドや、家具を配置する、動線をコントロールすることで狭くても広く過ごすことができると思います。

    間接照明は・・というか、おそらく、フロアスタンドで壁や天井のテラス方法になると思うのですが、最近はLEDのものが多いので、光の強さが変えられる調光式のものを選ぶと失敗は少なくなるでしょう。お勧めは窓から離れ、かつ、光がほしいとこか、暗いところです。そうすることで昼間と、夜の表情の違う部屋が出来ます。あまりたくさん置かない事もお勧めします。(部屋の照度にもよりますが・・・)

    図面ではソコソコバルコニーが広めですので、室内に取り込めるようなデザインにすれば視覚的に広く見えます。お隣(バルコニーの向こう側)が気になるようでしたら、バルコニーの手摺の高さを利用して窓のカーテンをロールスクリーンに替え、腰より下だけ、開けておくと他の視界をカットして、バルコニーを視覚的に室内にとっりこめるます。外部に外部コンセントがあれば、防水の置き灯篭(照明、洋風や、モダンなものもあります)を置いてやると夜間に表情を変えて楽しめます。

    Tomoyo Sugimotoさんは京都・滝本一級建築士事務所さんにお礼を言いました
  • Tomoyo Sugimoto

    京都・滝本一級建築士事務所様

    コメントいただきましてありがとうございます。

    流れに沿うことが大事なのですね。

    動線は確かに大事ですよね。ベッドが一番大きい家具なので、そちらをどちらに向けるかを考えています。


    防水の置き灯篭ですか??!!それは家具屋さんで手に入るものなのでしょうか。

    奥行きが出て、雰囲気も変わってくすごく良さそうですね。


  • PRO
    京都・滝本一級建築士事務所



    さすがに置き灯篭で検索すると、仏具のようなものまで出てしまうので、「防水 フロアライト」とか、「テラス ライト」とかで検索すると出てくると思います。寝具屋さんより、電気屋さん。あるいは雑貨屋でもある場合もあります。

    アプローチにある瓦灯篭 · 詳細

    これは手前みそですが、うちのものです。中に照明が仕込んであります。

    すいません、うちは和建築が多いもので・・・。

    路地の奥が玄関 · 詳細

    テラスではありませんが、光るとこんな感じです。あまり照度は必要ありませんが、室内が明るいと、ガラスが反射しますので、内外の照明のバランスは必要です。なので、間接照明などの照明は窓から離れた場所がいいと思います。

    Tomoyo Sugimotoさんは京都・滝本一級建築士事務所さんにお礼を言いました
  • Tomoyo Sugimoto

    滝本様

    早速、画像もありがとうございます!!

    滝本様が手がけられたものも素敵です。(でも日本庭園を持っている人にピッタリな感じですね。実家にピッタリな気がしてきました。)

    バルコニーの使い方についてはあまり気にしていなかったので、有効活用を知れてよかったです。

    滝本様にも大変感謝しています。

  • PRO
    パテオ建設有限会社

    始めまして、各先生方のコメントで申し上げること無いのですがご希望の快適に、おしゃれな空間。

    図面から、限られた空間ですのでベットを置いて大半使われます。そこで、家具等はベット用袖机のみで兼用とする。尚、照明は調光としてベットに乗った時の眼の高さ以下にすることで落着いた雰囲気へ。(天井照明も調光にして、フロアースタンドを生かす)

    先生のコメント通り、バルコニーを生かして空間の広がりを活用して下さい。

    思い付きと想像のコメントで申し訳ありません。

    室内の壁カラーなども愉しんで工夫することが宜しいかと想います。

    Tomoyo Sugimotoさんはパテオ建設有限会社さんにお礼を言いました
  • Tomoyo Sugimoto

    パテオ建設有限会社 様

    はじめまして。コメントいただきましてありがとうございます。

    ベッドは必須なので、ベッド目線での照明など、すごく勉強になります。

    バルコニーの使い方、やはりそこにあるのですね。

    壁カラーは賃貸でも工夫できることはあるのでしょうか?ぜひ知りたいです。


  • PRO
    パテオ建設有限会社

    室内の壁はクロス張りかと想いますので壁の一面だけ張り替える。又は現況のクロスの上に貼る等、尚、事前に貸主様に了解を得て下さいね。


    Tomoyo Sugimotoさんはパテオ建設有限会社さんにお礼を言いました
  • Tomoyo Sugimoto

    パテオ建設有限会社様

    一面だけ張り替えるというのはセンスが必要そうですね。

    色味とか迷いますね。

    貸主様に了解を得るのはマストですね!ありがとうございます。

  • PRO
    パテオ建設有限会社

    はい、色味の選択は悩むところですね。「快適、おしゃれ」のご希望空間には

    寒色系でお好みのカラーが宜しいかと思いますが。

    色々愉しんで選択してして下さい。

    Tomoyo Sugimotoさんはパテオ建設有限会社さんにお礼を言いました