tapo1

本年度最後の監理検査

TAPO 富岡建築計画事務所
2018年12月28日
最終更新:2018年12月28日


御前崎の住宅

外部足場が解体されてリビングダイニングからの遠州灘の景色もクリアになりました。大工さんが設置した作業台がいい具合で、しばらく腰をかけて景色を楽しませていただきました。

本年度最後の監理検査は天井、壁のLGS設置状況、乾式二重床の施工状況、給排水設備、空調換気設備の施工状況の確認です。天井や壁の中に隠れてしまう設備は、設置方法により性能を左右するものも多く、特にエアコンのダクトの設置方法にはしっかりと確認していきます。

南面ファサードも足場の解体で外部から見れるようになりました。

かなり気を使ったサッシの納まりと構造担当者の苦心の作であるフラットバーの柱もクリヤーな視界を確保するための重要な要素となっています。