primearchitects

沖縄からの「事務所訪問」


沖縄から、専門学校生2名が、プライムを訪れました。

将来の進路を考えるための「事務所訪問」が目的だということです。

私の事務所のことは、インターネットで知ったとのことです。

「将来は建築設計事務所で働きたい」とのことだったので、

設計事務所の仕事の中身をはじめとして、

小さなアトリエ設計事務所と、大きな組織設計事務所の共通点と違う点とか、

建築界の中での設計事務所の位置づけなど、

学校では耳に入らないようにことも含めて、いろいろとお話ししました。

現在進行中の沖縄の保育園の図面も見てもらいました。

ふと気づいたら、1時間40分たっていました。

今日、羽田について、こちらに直行。

明日からは東京の建築見学をして3泊して帰るとのことでした。

将来へのやりたいことへの期待、失敗するのではないかとの恐れ。

これから歩むべき道を探して、思い悩んでいた20歳の頃の自分を思い出しました。

若い頃の自分と向き合うような時間でした。

お土産に、沖縄の名物「ちんすこう」をいただきました。

就職を前提に話を聞きに行くならばともかく、

将来のことを見据え自発的に事務所訪問するというのは、勇気のいることだと思います。

みなさまも、学生の時にこのような体験学習の経験はありますか?

コメント