コメント (2)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
POWDERYELLOW

先ずは、アレハンドロ・アラヴェナに「おめでとう」の賛辞を送ります。

今から20年くらい前にも、日本の集合住宅を作る時にスケルトン状態と水回り設備だけを完備した状態と完成した住宅の3種類の住宅を販売していた時期が有りました。

生命を守る為の住宅には適正な基礎工事が絶対的に必要ですから、彼の考え方に基づく良質な家を提供すると言うシンプルなコンセプトとコストパフォーマンスされた住宅は称賛されるでしょう。

所変わり今の日本における大手がこの様なシステムを断行したとしても、基礎工事を誤魔化している様では売れるには程遠い話しでしょうね!

「いいね!」 8 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
Motoki_K

「良質の住宅を半ばまで」建てるというのは、なかなか面白いアイデアですね。

「いいね!」 3 件    

おすすめの記事

建築・デザイン 世界のHouzzから:3Dプリンターが建築と住宅の未来を変える?
デザインや建築の世界で利用が進む3Dプリンターは、新たな産業革命を起こすのか? 近年進化が進む3Dプリント技術が人類の住まいの未来に与える可能性を、世界各国の研究者・専門家に取材した。 
続きを読む
ニュース プリツカー賞を受賞した〈RCR アーキテクツ〉の建築とは?
スペインの小さな街で活動を続けてきた3人の建築家によるユニット〈RCR アーキテクツ〉が2017年のプリツカー賞を受賞。グローバル化が進む世界のなかで、普遍性と地域性を両立させた彼らの建築とは?
続きを読む
名作デザイン 北欧と日本の魅力を兼ね備えた「ジャパノルディック」とは?
文/Sara Norrman
注目を集める「ジャパノルディック」デザイン。デンマークと日本の両方で活躍する3人のデザイン専門家に、両国の知られざる「熱い関係」を取材しました。
続きを読む
建築・デザイン 建築家の谷尻誠さんが考える「人と人との化学反応が生まれるキッチン」とは?
「常に新しい概念を探しながら建築を設計している」という建築家の谷尻誠さんは、キッチン、リビング、ダイニングといった空間の区別やヒエラルキーがないほうが、コミュニケーションの生まれる空間になる、と考えています。
続きを読む
建築・デザイン 世界の暮らしとデザイン:コペンハーゲンからシドニー、東京まで、11組の建築家の自宅兼オフィスを拝見!
文/Houzz
思う存分クリエイティブになれる場所を求めて、自宅とオフィスを一体化している建築家は世界中にたくさんいます。快適で効率的な生活のヒントに溢れた11の自宅兼オフィスをご紹介します。
続きを読む
建築・デザイン デザイナー原研哉さんが考える「これからのキッチン」とは?
キッチンは調理のための作業場から「暮らしのへそ」になっていく――さまざまなプロジェクトを通して住まいを考えつづけてきた原研哉さんに、「これからのキッチン」についてお話をうかがいました。
続きを読む
建築・デザイン 映画『フォスター卿の建築術』
現代を代表する建築家、ノーマン・フォスターの素顔、彼が建築をつくるプロセスを伝えるドキュメンタリー映画。
続きを読む
建築・デザイン 「左官壁」という芸術:左官職人久住有生氏インタビュー
文/Naoko Endo
多彩な色、装飾、質感をもつ日本の「左官壁」は、単なる「土壁」を超える、芸術的な壁であり、長く厳しい修業のたまものだ。国内はもちろん海外でも活躍する左官職人・久住有生氏に、左官壁の美とそれを生み出す伝統の技について語ってもらった。
続きを読む
建築・デザイン 世界に広がる日本の伝統的外装材「焼杉」の魅力
杉の表面を炭化させる日本の伝統的外壁材「焼杉」。耐久性・耐候性の高さとインパクトのある色と質感に、欧米からの人気も高い外装材です。
続きを読む