コメント (6)
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
片岸 千代子

通風の必要性は、湿気が多いという日本の気候に由来します。ずっと締め切ったままでは、カビやダニが発生しやすくなります。例えば、年数回しか開閉しない物置や押し入れを思い出してみてください。空気の流れがなく淀んでいるためカビ臭く、埃をかぶって不衛生な状態ですよね。それと同じ事が住宅内にもおこりやすいということです。湿気の多い日本では、住宅の快適さを維持するうえで、住まいの通風は欠かせないのです。

また、喚起について気密性の高い分譲のマンションや戸建てなどでは、24時間喚起できるシステムが導入されています。この場合、換気口にセットされたフィルターが埃や花粉などをキャッチしてくれることが多いので、アレルギーが気になる方には良いと思います。24時間つけっぱなしでも電気代は、そこまでかからなかったように思います。ご検討の際は、住宅メーカーなどで確認してみてください。

「いいね!」 2 件    
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
pluto9292
回答ありがとうございました。
いつか家を建てたいと思い、インターネットで情報をかき集めているのですが、高気密、高断熱にして家を締め切ってしまっても問題ないんじゃないかという偏った考えに陥ってしまいます。
いろいろなかたの意見が聞ければと思いますのでディスカッションのほうへも投稿してみたいと思います。
   
ご報告いただきありがとうございました。 取り消し
PRO
片岸 千代子

情報がたくさん集まると今度は、どれを信じていいのか分からなくなることがあります。信頼できる住宅の専門家にも、相談してみてくださいね。良いディスカッションができますように!

   

おすすめの記事

暮らしのヒント 「ゼロ・ウェイスト」という考えを暮らしに取り入れるためのヒント
出来るだけゴミを出さないこと・減らすことを意識すると、エコなだけでなく、暮らしもすっきりしはじめます。
続きを読む
ニュース 「ニュー・ヨーロピアン・バウハウス」について知っておきたいこと
持続可能で協同的、多様性を受け入れることのできる建築文化を構築するために、ヨーロッパでバウハウスが再評価されています。
続きを読む
庭づくり・植物 庭から考えるサステナビリティ
文/舩村佳織
身近な自然である庭を通して、サステナブルな暮らしについて考えてみませんか?
続きを読む
トレンド 進化するサステナブルなものづくりと消費【メゾン・エ・オブジェ 2021 デジタルデイズ】
文/Claire Tardy
自然とつながり、プロダクトを再生して使い、透明性ある生産活動を行って、素材のイノベーションを進める。サステナビリティの現在の姿を、仏の専門家が解説しました。
続きを読む
Houzzツアー (お宅紹介) 伊勢志摩の木と土と石で建てた、森の中に佇む家
文/Miki Anzai
三重県志摩市の広大な森を購入した夫妻。そこに埋もれるように建っていた歴史ある住宅との出会いをきっかけに、地域の人たちとともに18坪の平屋住宅を完成させました。
続きを読む
暮らしのヒント あえて“時間をかける”暮らし。スローライフが住まいにもたらす価値とは
文/Giulia Zappa
自分を見つめ直したり、地域の自然と繋がる機会が生まれる、スローなライフスタイル。建築、インテリア・ガーデンデザイン、陶芸、ライフコーチングの5人の専門家にお話を聞きました。
続きを読む
家づくりのヒント サーキュラーエコノミー研究家・建築家に聞く、日本でも実践できるサステナブルな住まいづくりのヒント
サーキュラーエコノミーを意識した住まいづくりについて、オランダの動きを参考に、考えてみましょう。
続きを読む
専門家向け情報 世界の専門家に聞く、ビジネスをサステナブルにするヒント
文/Houzz Japan
持続可能なかたちで事業を進めるために行っていることや、取り組んでいる課題について、世界各国の専門家にお話を伺いました。
続きを読む
家づくりのヒント 世界の専門家が注目する、サステナブルな住まいづくりのかたちとは?
文/Houzz Japan
今後期待されるサステナブル=持続可能なソリューションとは?Houzzで活躍する世界の専門家に伺いました。
続きを読む
Houzzツアー (お宅紹介) 空と海の絶景を楽しむ、地中海の島に建つ家
岩の彫刻的な美しさと周囲の自然を際立たせるつくりにこだわった、サステナブルな住宅です。
続きを読む