庭・ランドスケープの写真

おしゃれな庭・ランドスケープのデザインアイデアを多数の事例写真でご紹介します。ガーデニングのレイアウトや庭デザインの参考になる、世界中のおしゃれな庭・ランドスケープのデザイン画像をお楽しみください。

庭をデザインする


雅な雰囲気の日本庭園、ニースの風を感じる南欧風のガーデン、バラが咲き誇るイングリッシュガーデン、ウッドデッキに青々とした芝生のコンビネーションなど、一言で“庭”と言ってもさまざまなガーデニングレイアウトがあり、それぞれの庭デザインによって印象や手入れがまったく異なります。もし狭小の庭であれば、思い切って日本庭園風に寄せてしまうのが正解。なぜなら、日本庭園は構成要素が少なく、余白を美とするのが特長。狭くても世界観を表現することが可能だからです。全体に低い植物や置物で統一することで目線を低く抑え、広く見せることができます。日本家屋でなくても、意外と合う日本風の庭園。家の建て替えや新築の際には検討してみてはいかがでしょうか。

洋風の庭でガーデニング


きちんと手入れされた芝生に、咲き乱れる季節の花。ゆったりと腰掛けられるベンチや噴水のある洋風の庭は誰しもがあこがれるスペースです。植木の周りを囲うレンガや、植木鉢やプランターをおしゃれに見せるアイアン製の装飾や、木のベンチやスツール、陶器の置物なども、庭の雰囲気を一気にグレードアップさせます。いずれも風雨にさらされると劣化を早めますし、台風や竜巻などが来るとあらかじめわかっているときには、防災面からも早めに屋内へ引き上げたほうがよいでしょう。汚れていたり、壊れていたりすると嫌でも目についてしまうのが庭。いくら部屋をきれいにしても庭がそうでないと興ざめしてしまいます。“ほら! 自慢の庭を見て!”と言わんばかりに、常に美しく保っておきたいですね。

庭・ランドスケープの芝の手入れの方法は?


『隣の芝生は青い』ということわざ、実は英語でもあります(『The grass is always greener on the other side of the fence.』)。それくらい馴染みがあり羨望の象徴となっている芝生は、とても手がかかる植物です。手入れを怠るとすぐに雑草が伸びたり、芝がはげたり……。日当たりや排水などの環境のほか、日ごろから少しずつ手入れをしたり、管理が重要となります。手入れの基本は芝刈り、水やり、除草、肥料の4つ。四季がはっきりしている日本では、その時季に応じた手入れの方法や、葉腐病などの病気や害虫の対策もしなければなりません。まさに青い芝生は一日でならずなのです。

庭・ランドスケープ のリフォームや模様替えをお考えの場合でも、新築でおしゃれな庭・ランドスケープを作る場合でも、Houzz がアイデア探しのお手伝いをします。Houzz には 澤村昌彦建築設計事務所 や BROCANTE といった日本国内の優れた建築家、インテリアデザイナー、工務店、リノベーション会社などから寄せられた684,399枚の家や部屋の写真があります。色別やスタイル別で庭・ランドスケープの画像を見て、気になる庭・ランドスケープ の間取りやレイアウトがあれば、アイデアブックへ保存したり、その写真の住宅を手がけた専門家にご自分の理想の庭・ランドスケープ のデザインや間取りについて相談してみましょう。 日本や海外のおしゃれな庭・ランドスケープ の実例がいっぱいの Houzz を、あなたの家のリノベーションやリフォームのアイデア集めに是非お役立てください。
PR
信頼できるプロの力で夢の家を現実に
信頼できるプロの力で夢の家を現実に
PR