アンティーク テーブル

タフな外見、アイアンの滑車が付いたワークテーブルは反対側の持ち手を引けばお一人でも少々の移動は想像するよりは容易に出来、高さ半分に仕切られた片側2段、収納に優れた大きな棚板、とユーザビリティさは多いに。天板は出来る限り研磨し、全体に薄く表面の保護程度に塗装をしております。アパレル、お花屋さん、雑貨屋さんの什器として。腰骨の横辺りの天板の高さでレジを置くカウンターとしてもジャストなサイズ。

東京23区のインダストリアルスタイルのおしゃれな住まいの写真 —  Houzz
関連写真
この商品へのお問い合わせはありません